ファッション・アクセサリ

2013年6月19日 (水)

大きなお世話

お笑いコンビ・とんねるずの歌に、「大きなお世話サマー」という作品がある。
♪真夏に不似合いな 恋人と呼ばれても
 大きな 大きな お世話サマー

ちなみに、動画はコチラから↓
 http://www.youtube.com/watch?v=oGvRc3AVkGQ

20数年前の歌をふと思い出したのは、今月から始まった「スーパークールビズ」に関連してからかもしれない。
今回、女性向けの涼しげな服装などを提案したものの、「大きなお世話」とソッポを向かれているという。(笑)

夏の軽装には、ほとんどの国民が賛成するだろう。
省エネ効果だけでなく、熱帯のような日本の夏に、冷涼な英国発祥の背広姿は元々無理がある。
沖縄の「かりゆしウエア」にすれば、もっと仕事もはかどりそうだ。

男性への浸透に気をよくした環境省、「女性にも」と考えた。
ま、そこまでは良かったが、提唱したのは――
・髪はまとめ、風を通すスカートや丈の短いパンツを。
・下着は吸湿性が重要。
・日傘や帽子を忘れず、汗崩れしにくい化粧、汗染み・におい対策もしっかりと。
などなど……。(呆)

過ぎたるは何とやら。「そんなの、とっくにやってます」「役所が口を出すことじゃない」と、反応は冷ややかだそうだ。
毎年、夏の身だしなみに気を配っている女性には、「何をいまさら」ということだろう。(笑)

現在の政権になって、似たような話をよく聞く。
妊娠・出産の知識を盛り込んだ「女性手帳」の配布や、「3年間抱っこし放題」の育児休業3年制。
どちらも、女性に妊娠・出産や育児を押しつけるのかと批判されている。(笑)

また、「家族は、互いに助け合わなければならない」と明記した、憲法改正草案もあるという。(汗)

♪大きな~~
あの歌が、また耳によみがえってくる。(凹)

2013年2月19日 (火)

女子生徒のズボン制服

長崎県の長崎玉成高校(長崎市)で、2012年の冬から、女子の制服にズボンが採用されたという。(驚)

長崎新聞によると――
昨年4月に高台に移転した、同校。
強風が吹くとスカートの裾が気になるという生徒の声や、防寒対策にもなるということから、12年6月頃から導入を検討していたそうだ。
既に、女子生徒309人のうち、1年生15人、2年生2人がズボンを購入したとか。

ちなみに、女子の制服にズボンを採用する高校が、徐々に増えているらしい。
昨年4月の東京新聞では、全国の公立・私立高約800校で、女子もズボンを選べると書かれていたという。

Img_1161193_29071047_1それにしてもイマドキ女子中・高生の制服って、膝上何センチというより股下何センチといったほうがいいような、スカート丈がやたら短か過ぎるよなあ……。
ちょっとシャガんだら、パンツが間違いなくモロ見え状態。(汗)
そのため、「見せパン」なんて、新しい分野の商品まで出現。(凹)
ま、そんなパンツでも、見えりゃオヤジ的にはニヤッ、っとしてしまうけどね。(笑)
おっとっと、失礼しましたぁ~~。(汗)

2012年10月30日 (火)

2億円のブラジャー??

Aflo_owdc975811米国の某ランジェリー&アパレルブランドが、今年の「ファンタジー・ブラ」を発表したそうだ。
着用モデルは、5ヵ月前に第2子を出産したばかりの(驚)、アレッサンドラ・アンブロジオとか。

宝石をふんだんにあしらった、この「ファンタジー・ブラ」
ヴィクトリアズ・シークレットのモデルたちの中から、もっとも旬な1人が選ばれ、このブラを着けて毎年末に開催されるファッション・ショーのトリを飾るという。
この栄誉は、キャリアに大きな華を添えることとなり、モデルたち皆の憧れの的となっているそうだ。

今年の「フローラル・ファンタジー・ブラ」は、ニューヨークにある宝石店がデザインしたもの。
ダイアモンド、ルビー、サファイア、アメジストが贅沢にちりばめられ、その価値は250万ドル(約2億円)とか。(驚)

ちなみに過去、もっとも高額だったのは、2000年にジゼル・ブンチェンが身につけた「レッド・ホット・ファンタジーブラ&パンティ」で、値段はなんと!! 1,500万ドル(約12億円)という。(呆)
合計300カラットのルビーを含む1,300個の宝石を、赤いサテンに縫い付けたもので、「もっとも高価な下着」としてギネス世界記録に登録されているそうだ。

なんとも超高額の下着だけど、それでもやっぱ購入する金持ちがいるんだろなあ……。
オコボレにあずかりてぇ~~。(笑)

なお、今年の「ヴィクトリアズ・シークレット・ファッション・ショー」は12月4日、CBSで生中継されるとか。
キョーミのある方は、ご覧あれ!!

2012年8月27日 (月)

睡眠の日??

2011年、精神・神経科学振興財団と日本睡眠学会とが協力して、3月18日と9月3日、年に2回を「睡眠の日」と定めた。
ちなみに、3月18日は世界睡眠医学会が「世界睡眠の日」としていることから、9月3日は「ぐっすり」の語呂合わせからきているとか。

来月の「睡眠の日」に向け、女性下着メーカー大手が、全国の20歳代から40歳代の男女1,029人を対象に、「睡眠に関するアンケート調査」を実施。
結果、「疲れが取れない、寝つき・寝起きが悪い」など、不満を持つ人が多くいること、「入眠儀式」を習慣的に行っている人が多いこと、などが明らかになったという。(驚)

「平均的な睡眠時間」について――
6時間~6時間半と回答した人が19.5%と、トップ。
逆に、3割以上の人が、6時間未満の睡眠で日々の生活を送っているという。(汗)

「自分の睡眠」について――
28.9%の人が、満足していると回答。
やや不満・不満を合わせると、なんと71.1%。(驚)
不満の内容は、「疲れが取れない」「寝起きが悪い」「寝つきが悪い」など、さまざまな悩みを抱えている模様。

また、"入眠儀式"と呼ばれる「睡眠へのスイッチといえる行動」について――
82.4%の人が、持っていると回答。
その具体的な内容ベスト3は、「トイレに行く(44.8%)」「歯を磨く(43.0%)」「パジャマ等に着替える(32.0%)」と、毎日繰り返し決まった行動をとることで、心身が安らぎ、自然と"眠りモード"に入るようだ。

栄養、運動と並ぶ、生活習慣改善の三本柱の一つ、睡眠。
睡眠医療は、居眠り事故や自殺の防止、高血圧や糖尿病の予防・治療にも有益といわれる。
良い眠りは、最高の健康法!!

2012年8月10日 (金)

自信はないけど着る??

007ビキニ姿に自信のある女性は、わずか1割!?
20~40歳の女性503人を対象に、某社が「水着」に関する意識調査をインターネット上で行ったところ、そんな結果が出たとか。

「自分の“ビキニ姿”に自信がありますか?」
この質問に、「ある」と答えた人は13%。
つまり、女性の約9割が、自分自身のビキニ姿に「自信なし」という結果。

もっとも、自信があっても「ある」と正直に答える女子は多くないだろうし、アテにはならんけどね。(笑)
もしかして逆に、9割がほんとは自信があったりして??(笑)

ちなみに自信がない理由としては、「引き締まっていない体」が65%で、最多。
次いで、「ムダ毛が気になるから」27%、「胸が豊かではないから」25%が続いているらしい。

女子の悩みは、あれこれと尽きないようだ。(笑)

2011年10月12日 (水)

ノーブラ女性はゴヨージン??

「ブラジャーを着用せずに、どこまで出かけることができる??」
今年2月、某女性下着メーカーが、全国の25~54歳までの女性1万342人を対象に、意識調査「からだと下着に関する1万人白書」(5歳刻みの均等割付)として、ブラジャーに関する大規模な調査を実施。
1109nbg結果、4人に1人が「ノーブラでも外出が可能」と答えるなど、意外に大胆な女性が多いことが判明したとか。(汗)

ちなみに、前出の「ブラジャーを着用せずに、どこまで出かけることができるか」という質問――
距離に差はあるものの、全体の27.0%の女性が「ノーブラで外出が可能」と回答したとか。(驚)
特に、「自宅から徒歩数分の範囲内なら可能」と答えた人は15.2%に上り、「どこまでも可能」といったツワモノ(笑)が5.5%も存在していたそうだ。(汗)

また、「ノーブラで外出OK」な割合を、普段着用しているブラジャーのカップサイズ別に比較すると――
一番“ノーブラOK率”が高いのは、AAカップ&Aカップ。
ま、このサイズなら普段からブラなんて必要なさそうだしね。(笑) し、失礼しましたあ~~。(汗)
とはいえ、Eカップ、Fカップ以上の人でも、20%以上が「OK」と回答したそうだ。(驚)
結果、バストのサイズによって大きな差は見られなかったとか。

もっとも調査元の同社によると、男性には嬉しい(笑)ノーブラも、女性の美しいバストのためには、やや問題があるらしい。
「バストが長期にわたって揺れる状態になると、バストを支える“クーパー靭帯”という組織が伸びてしまいやすくなる。普段の生活でバストの揺れをおさえ、ひいてはバストの下垂などを防いでいくためには、自分の体に合ったブラジャーを着用することが重要」
とのこと。
女性の方々、まずは専門家による採寸で、正しいサイズのブラジャーをしっかり試着して、自分にピッタリのブラジャーを選ぶことから始めることが賢明かも。

余談だが、同調査で、女性のブラジャー所有枚数が平均7.5枚ということも判明したそうだ。
へぇ~~、けっこう持ってるもんなんだぁ……。
普段からノーブラ派で、着けないブラもあるって方は、管理人に是非お譲りを!!(笑)
って、おっとっと。失礼しましたあ~~。(汗)

2011年7月30日 (土)

見せブラ??

夏のファッションアイテムとしても人気という「見せブラ(見せるブラジャー)」に、新たな変化が起きているらしい。
ギャル系ファッションを支持する女性たちから火がついた、派手な「見せブラ」。(汗)
最近では、ごく普通のブラまでもが、「見せてもかまわないブラ」になり始めているようだ。むふっ……。って、おっとっと。(汗)

元々「見せブラ」は、レースフリルや派手な柄のデザインのブラジャーを「あえて見せる」ように、胸元や肩、背中が広く開いた服と合わせて使われてきたアイテムとか。
ブラジャーというよりは「水着」のようなデザインで、中には、Tシャツの上にブラを重ねて、カジュアルに取り入れるなどバリエーションも見せ、そのファッション性からギャル系以外にも広がっていったようだ。

1107mb11107mb2しかし最近は、こうした「見せブラ」でなくとも、普通のブラのシンプルなストラップ(肩ひも部分)を「さりげなく」出している人が目立つという。
下着通販の某大手・広報担当者は、「『ストラップ見せ』は以前からありますが、特に黒いストラップのものは売れています」とか。
両肩が出るオフショルダーや、ざっくり編んだ透けるニットなど、流行の服を着るために邪魔にならないことがメリットだとし、同社ではストラップだけを黒くした商品も開発しているそうだ。

とはいえ、あえて見せているのか、出てしまっているのか、オヤジならずとも男性には判断の難しいところ。(汗)
チラ見しただけでも、スケベ!! と白い眼が返ってくるのは必死。(凹)
そんならそれで、見せるためのブラとはいっても下着は下着、ちゃんと見えんようにしとけッ!! ってね。(怒)

2011年6月18日 (土)

クールビズ模様??

6月、初夏、衣替えの季節。
福島第一原発事故で、一律15%の節電を求められる今夏、クールビズに拍車がかかっている。(汗)

提唱元の環境省が、「スーパークールビズ」の手本として示したのは――
・幹部が、かりゆし姿で登庁。
・職員の、ポロシャツやジーンズ姿。(ジーンズは、破れていなければOKとか)

昨年までの基本は、上着を脱いでノーネクタイ。
今年のお役所のスタイルは、さらにユルやかで、これまでとは全然違う様相だ。

とはいえ国会では、首相と野党党首はスーツ姿での党首討論。(汗)
さすがにポロシャツでというわけにはいかないのか、スッキリと涼やかにいかないのが、討論内容。(呆)

互いに不毛の言い合いの繰り返しで、熱くなるのはテメエらだけ、国民の多くは寒いものを感じるばかり……。(凹)
寒さの元凶を首相に感じている国民も、同様に多いだろう。
テメエら身内だけでなく、国民も熱くなる政治が見てみたいものだ!!(怒)

ま、それはともかく、今年は自治体でもTシャツがOKになった。
更に、佐賀県・武雄市役所では、Tシャツなどに加え短パンやサンダルを認める、「ウルトラクールビズ」を始めたそうだ。
10月末まで実施予定で、職員は「足元が特に快適」と、好評らしい。

1106cbまた、webやコンテンツの企画・制作を行なっているfamista(ファムイスタ) は、4月から「タンクトップ節電宣言」を開始。
社員15名ほどの同社、「『我々のような小さな会社でもできること』を考えた結果、『夏の昼間はタンクトップでシゴト』を実践してみることにしました。」という。
月2,000円のタンクトップ手当を導入するなど、会社をあげてユニークな節電に励んでいるようだ。

ところで同社、女性社員はいないのだろうか??
若い女性のタンクトップのワキから、ブラやナマ乳が覗けたりする日にゃ男性には気になって、冷房の節電効率は上がっても、肝心の仕事の能率が落ちそうな……。(笑)

2011年5月21日 (土)

香水「クラシック」??

女性の体をかたどった、ユニークな「ジャンポール・ゴルチエ」の香水の容器。
2006年に商標登録を出願したが、特許庁は「香水の容器には同種の形状や装飾が使われており、この形だけでゴルチエとは分からない」と不認可していた。

ところが知財高裁が過日、特許庁の審決を取り消し、ゴルチエ側の請求通りに、「立体商標」と認める判決を言い渡したという。
ちなみに判決は、「他には見当たらない特異な形状で、15年以上販売されて、雑誌にも掲載されてきた。消費者は、形を見ればゴルチエの香水だと識別できる」というもの。

ゴルチエは、フランスの高級デザイナーズブランド。
1104trc コルセットを着けた女性の体の形をした香水、「クラシック」を1994年から日本での販売を展開。
近年でも年間約5,000万円を売り上げる人気商品という。

ま、写真で見るだけでもリアルで、確かにユニークなカタチ。(汗)
空き瓶だけでも、コレクションに欲しいような……。(笑)

2011年4月19日 (火)

最新リユースグッズ??

東日本大震災の直後、ドラッグストアなどで、使い捨ての日用品が続々と品切れとなる現象が続発。(-_-;
都内の各所で、ティッシュや生理用品などを、“お1人様1つのみの購入”とする店がよく見かけられたという。(*_*)

1104rug そんな中、注目が集まっているのが、繰り返し使える“リユースグッズ”。
エコバッグ、マイ箸、マイタンブラーだけでなく、最近はティッシュなど、今まで“使い捨てが当たり前”になっていたものも、リユース商品として登場しているそうだ。(*_*)

■洗って何度も使える「ガーゼティッシュ」(10枚入り1,100円~)
 「ティッシュを繰り返し使う??」
 一瞬耳を疑ってしまうが、これが結構機能的なのだそうだ(^^;
 綿100%の優しい肌触りで、吸収性も高く、水に濡らせば、おしぼり代わりにも使用できるという。
 鼻をかみたい時、メイクをちょっとだけ直したい時、テーブルにうっかりジュースをこぼした時など、使い方は様々のようだ。
 
■立体型で顔にフィット! 柄もカワイイ「布マスク」(1枚525円~2,000円程度。約30回程度使用可)
 元々はガーゼタイプが主流だったマスクも今は、顔にフィットしやすい“紙素材”の立体型高機能性マスクがすっかり定番。
 そんななか最近、じゃばら式や立体構造の布マスクが登場。
 紙マスクに比べ布マスクは、保湿効果があり、付け心地もソフトらしい。
 花柄など、様々な種類の柄があって、オシャレ好きな女性にオススメとか。(^^)v

■肌ストレスも軽減! バリエーションも豊かな「布ナプキン」(1枚600円~2,000円程度)
 オーガニックコットンや竹布など、肌ストレスの少ない素材を使用しているのが安心という、布ナプキン。
 おりもの用の小さなものから、多い日用の大きなものまで、サイズも豊富とか。
 多くがホルダーとパットに分かれているタイプで、ホルダーに描かれている柄は星、ボーダー、ドットなど、幅広く展開されているそうだ。
 その日の気分で使い分けてみるのもいいかも。って、オヤジには分からん世界……。(笑)

他にもキッチン回りでは、ネル生地のコーヒーフィルターや、シリコンのティーバックやラップなど、普段よく使うものがリユースグッズとして販売されているという。
気に入ったものを長く使うことで、資源を大切にする。
今こそ“リユースライフ”を、みんなで考えてみよう!!

より以前の記事一覧