« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月26日 (水)

ホワイト・モンスター

昨年、店にクレームをつけたあげく、従業員に土下座を強要、その写真をネットに公開し、後に強要罪で逮捕された女がいた。
ま、ここまで極端ではないとしても、最近は「ホワイト・モンスター」と呼ばれる理不尽な客は少なくないという。(汗)

ぜ、彼ら、彼女らはモンスターと化してしまうのか??
新刊『理不尽な人に克つ方法』(小学館新書)を上梓したばかりの、元刑事でクレーム対応のプロである援川聡氏の解説によると、かつてスーパーで警備員の指導教育を担当した経験から、理不尽な客が生まれる理由は以下のとおりとか。

スーパーの売り場は、じっくり観察すると、「ホワイト・モンスター」寸前の人たちが沢山……。

店員を捕まえてご高説をたれ始める、初老の男性――
 「こんなところに商品を積んでおいてはいけないな。危険じゃないか。他に倉庫を確保すべきだね」
 「そろそろ品揃えのリニューアルが必要じゃないか。テナントも代わり映えしないな、選考したほうがいいな」

まるで「水戸黄門の世直し」気取りです。
本人は、お店にアドバイスしているつもりなんですね。
言っていることは間違いないのかもしれませんが、すぐに実現させるのは難しい注文ばかりです。

こうした時、店は対応を迫られます。
店としては煩わしく思いながらも、顧客満足の精神から無碍にはできません。

しかし、こうした「ご意見」は、ややもすると長時間に及びます。
忙しい時期や時間帯だと、この方に店員がかまけていることで、全体的なサービスは低下します。
かといって、途中で話の腰を折ったりすれば、それまでの紳士然とした風情は吹っ飛びます。
十中八九、モンスターのお出ましです。

「お前じゃ話にならん。社長を出せ!」と怒鳴り散らすのです。
ますます、面倒なことになるのは必至です。

まさに「困ったお客様」ですが、この男性をモンスター化させたのは何が理由なのでしょう??
この方は、商品にクレームをつけているわけでも、店のサービスに文句を言っているのでもありません。
金銭目的でのクレームでもない。
寂しいのです、おそらく。

心に寂しさが巣食っている。
自分という存在を他人に認めてほしいが、ちっとも認めてもらえない。
後輩に愚痴を聞いてもらおうとしても、忙しい現役世代からは敬遠される。
その満たされない思いの代償を、スーパーの従業員に求めているのです。

いわば、現代的な「心の闇」です。「心の闇」が彼らを突き動かしているのです。
彼らは現役バリバリの頃、忙しさに心を忘れ、心が貧しくなっているのです。
だから闇に取り憑かれる。
そして、ちょっとしたきっかけで、「ホワイト・モンスター」と化してしまうのです。

私は彼らに同情します。
老いさらばえれば、私もそうなっておかしくないと考えるからです。
実際、このところ団塊世代のクレーマーが目立っています。
現役時代は仕事人間で、リタイアした今も、激しい競争社会で身につけた交渉力を武器に相手を論破しようとするのですが、そのバイタリティとは裏腹に鬱屈した感情を抱え込んでいる人が少なくないのです。

超高齢化社会の元凶として、今や厄介者扱いの団塊の世代。(汗)
同じ団塊の世代としては、身につまされる……。(凹)

2014年3月18日 (火)

北米ガッカリ観光名所

わざわざ海外まで足を伸ばすからには、有名な観光名所に行きたい!!
ま、誰しもそう思うのが、自然な流れ。
ところが、いざ行ってみると意外とたいしたことがなくてガッカリ……なんてことも少なくないようだ。(汗)

以下、某サイトによる、北米旅行の経験がある女性たちのアンケート結果から――

■ビーチに対する不満
 「ハワイのワイキキビーチ。日本人ばかりで、海外に行った気がしなかった」(28歳/印刷・紙パルプ/技術職)
 「アメリカのマイアミビーチ。おしゃれできれいなイメージとはちょっと違っていた」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職/サービス系)

 ※日本人観光客ばかり。海が汚い。
  ビーチに関する不満は、各国で意外と多いもの。
  有名どころを避けて、穴場を探したほうがいいのかも。

■イメージとの剥離でガッカリ
 「アメリカのゴールデンゲートブリッジ。もっと素敵な場所だと思ったが、ただの赤い巨大な橋だったこと」(29歳/金融・証券/専門職)
 「シアトルのタワー。写真ではカラフルで宇宙的だったが、実際はそうでもなかった」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

 ※旅行番組やガイドブックなどで、誰もがイメージを膨らませ期待する。
  それだけに、どうしてもハードルが上がってしまうのだろう。

■自然を楽しむスポットは、注意が必要
 「カナダ、ナイアガラの滝。滝しか見どころがなく、1日も時間がつぶせなかった」(28歳/機械・精密機器/事務系専門職)
 「グランドキャニオン。何もなかった」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

 ※大自然の観光名所は、周囲に何もないというロケーションのところも多いよう。
  人によっては退屈に感じてしまうのかも……。

■自由の女神
 「自由の女神 意外に小さかった」(27歳/学校・教育関連/専門職)
 「ニューヨーク。自由の女神。そばで見ると意外とちっちゃい」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)
 「自由の女神像。感動はしたけれど、思ったより小さくて、深い感動はなかった」(25歳/学校・教育関連/その他)

 ※自由の女神が小さかったとの声が、多数。
  小さいとはいっても、自由の女神の高さは地上93m。
  ま、日本は大きな建造物が多いから、慣れてしまっているようだ。

以上、いくつかのパターンがあるようだが、根本的には、「想像していたものと違っていた」というのがガッカリの原因のようだ。
ガイドブックなどには、かなり綺麗に修正された写真が使われていることも少なくないようで、あまり過渡に情報を入れすぎるのは考えものかも??(笑)

そういや昔、次のような川柳を詠んだ知人がいる。
 「時差ボケと いう贅沢を まだ知らぬ」
ま、海外旅行を気楽にできるって、確かにゼイタクだよなあ……。(汗)

2014年3月12日 (水)

3年

3月11日、午後2時46分。
その時刻、日本全国各地でサイレンや鐘が鳴り響き、人々は黙とうを捧げたことだろう。

東日本大震災から昨日で丸3年。
あの日から変わってきているものもある。
しかし、あの日のままで時間が止まったままの、そにままのものも少なくない。(涙)
被災者以外の我々は、そのことをともすれば忘れかけている……。(凹)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »