« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月25日 (月)

たった一文字だけの手紙

「?」
これは、ビクトル・ユゴーが出版社に出した手紙の全文。

「!」
それに対して出版元から受け取った、こちらは返信。

新刊の長編小説、「レ・ミゼラブル」が売れるかどうか、不安な気持ちを「?」に込めた19世紀の文豪。
編集者は、「上々ですよ」の意味を「!」に込めた。

同小説、世紀を二つまたいで世界中で翻訳され、読まれ続けている。
日本では明治時代、黒岩涙香の翻案により「噫(ああ)無情」の題で新聞に連載されたのが最初という。

日本で連載が始まってから110年、ユゴーが発表してからだと150年が過ぎた。
物語は、姉の子のためにパン1個を盗んだ罪で19年間服役したジャン・バルジャンの、仮出所後も波瀾(はらん)万丈が続くというもの。
愛と信念など、普遍的テーマで読者を魅了し続ける。

本だけでなく映画やミュージカルなどが加わって、久しい。
ミュージカルを映画化した「レ・ミゼラブル」が、昨年末から日本でも公開されている。
物語を縁取るフランス革命後の時代の嵐が、スクリーンを通すと、いっそう力を増して迫ってくるようだ。

政治家でもあった、ユゴー。
帝政に抵抗して、19年間、亡命を強いられた。
議員活動では、貧困撲滅、弱者救済に力を入れ、子どもや女性のことをいつも考えていたそうだ。
自身の生涯を重ねると、作品の味わいが深まる……。

公開中のミュージカル映画が発するメッセージのひとつに、「あしたは必ずやってくる」がある。
ユゴーが見たなら、感想には「!」をいくつも書くことだろう。

2013年2月22日 (金)

ゴジラ引退

昨年末にプロ野球からの引退を発表した、松井秀喜。
ゴジラという愛称とは不似合いな、穏やかな振る舞いの人物だったと評される。
自分のことも多くは語ってこなかった彼、引退会見でも言葉を選びながら、歩んだ道を振り返っていた。

巨人でスポットライトを浴び、渡米後に輝きを増した、彼の野球人生。
彼と接点を持った人が語る話の一つに、高校時代の話がある。

星稜の3年生だった1992年、夏の甲子園で「5打席連続敬遠」された。
怒ったファンが物を投げ込んで、試合は中断。
監督の指示とはいえ、一番ツライ思いをしただろう相手校・明徳義塾高の投手、河野和洋さん。
後日耳にした松井の言葉に救われたという。

「甲子園の、あの試合が原点」
冷静に、そう話していたそうだ。
「敬遠も、立派な作戦」、とも……。(驚)

河野さんは、「僕だったら怒っていた。彼は既に大人の対応ができていた」と振り返る。
プロ入り後も同様の姿勢でプレーを続ける松井選手を、ずっと応援してきたそうだ。

河野さんは現在、千葉で社会人クラブチームの監督兼選手をしているという。
背番号は「55」、応援してきた選手がずっと背負った番号だ。
クラブの若い選手には、野球人として松井さんを手本にするよう指導しているそうだ。

2013年2月19日 (火)

女子生徒のズボン制服

長崎県の長崎玉成高校(長崎市)で、2012年の冬から、女子の制服にズボンが採用されたという。(驚)

長崎新聞によると――
昨年4月に高台に移転した、同校。
強風が吹くとスカートの裾が気になるという生徒の声や、防寒対策にもなるということから、12年6月頃から導入を検討していたそうだ。
既に、女子生徒309人のうち、1年生15人、2年生2人がズボンを購入したとか。

ちなみに、女子の制服にズボンを採用する高校が、徐々に増えているらしい。
昨年4月の東京新聞では、全国の公立・私立高約800校で、女子もズボンを選べると書かれていたという。

Img_1161193_29071047_1それにしてもイマドキ女子中・高生の制服って、膝上何センチというより股下何センチといったほうがいいような、スカート丈がやたら短か過ぎるよなあ……。
ちょっとシャガんだら、パンツが間違いなくモロ見え状態。(汗)
そのため、「見せパン」なんて、新しい分野の商品まで出現。(凹)
ま、そんなパンツでも、見えりゃオヤジ的にはニヤッ、っとしてしまうけどね。(笑)
おっとっと、失礼しましたぁ~~。(汗)

2013年2月13日 (水)

スポーツ指導の手段

日本のスポーツ選手はプレッシャーに弱い。
昔はよく言われたものだが、今は多様なスポーツで海外でも堂々と戦える時代になった。

各界トップ選手の多くは、スポーツ医科学に裏打ちされたトレーニングによって輩出される。
トップ選手に限らず、どんなにキツくても、それをやる理由と効果を言葉で説明できることが、選手を納得させ、成長させる。

科学的指導が現在ほどにはなかった時代の指導は、根性論に力が入っていたものだ。(汗)
ほとんど「苦行」のようなトレーニングも取り入れられ、耐えることがライバルにも自分にも勝つ近道とされた。(凹)

時代的には、高度経済成長期と重なる。
高度成長がもたらした、モノの豊かさは、反面、心の貧しさも生んだようだ。(汗)
体罰交じりの指導が行き着いた先の一例を、大阪市の高校で起きたバスケットボール部男子生徒の自殺に見る思いがする。(凹)

顧みれば、「愛のむち」を全否定するのは難しい、と思ってきた日本人は少なくない。
事態は、ロンドン五輪代表を含む女子柔道選手15人が、男性監督らによる平手や竹刀での殴打や暴言を告発するまでに及んだ。(驚)

最近は女子のスポーツ選手から元気をもらうことが多い。
元気をくれた選手もいる人たちから、告発はなされた。
人間としての「道」も説く柔道界で発覚した暴力は、断つべきものの所在と根の深さをはっきりさせてくれた。

2013年2月 8日 (金)

聖職

中央アルプスの最高峰、木曽駒ケ岳の山上に、登山中に亡くなった生徒と教師を慰霊する、「遭難記念碑」があるそうだ。
1913年8月、地元の尋常高等小学校の一行が暴風雨に遭い、11人が死亡したという。

寒さと疲れで生徒が次々と倒れる中、引率の校長は、自分の防寒シャツを生徒に着せて助けようとし、自らも力が尽き……。
この実話を題材に、作家・新田次郎は小説「聖職の碑(いしぶみ)」で、極限状況での師弟愛を感動的に描いた。
映画にもなったので、ご存じの方もおられるだろう。

現代では「聖職」など、時代錯誤の言葉かもしれない。(汗)
とはいえ、今の教育現場にも、「命懸け」の気概で生徒に向き合っている教師はいるはず。
教え子を、一人前にして送り出す。
その出会いと別れの積み重ねが、教師にとって、掛け替えのない「碑」だろう。

ところが現在、受験や卒業式を前に、駆け込みで早期退職をする教職員が相次いでいる。(驚)
制度改正で、3月末まで働くと、勤続35年で150万円ほど退職金が減るからのようだ。
もはや、「聖職の碑」ならぬ、「退職の値踏み」ってとこか。(呆)

もちろん、教職員にも人生設計があることだし、一概には責められない。
そもそも罪作りな制度をつくった方が悪い!! というしかない。
ただ、人生の大切な季節を、退職金と量(はか)りに掛けられた生徒は、どんな思いで学舎(まなびや)を後にするだろうか……。(汗

卒業式で「仰げば尊し」が歌われない学校が増えて、久しい。
♪仰げば尊し 我が師の恩……
歌う方は心がこもらず、歌われる方も面はゆい時代なのだろうか……。(凹)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »