« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

希望!!

小さい頃から、何をしても「すごいね」と言われた。
字を書いただけで、少し歩いただけで、と乙武洋匡(おとたけ ひろただ)さんは振り返る。

手足がないのに、よくできるね、すごいなあ、という驚きだ。
乙武さんにとっては、「できて当たり前」のことだった。
ボールを投げたり、打ったり、蹴ったりすることだってできるのに……。

周囲の視線を「わずらわしく思ってきた」そうだ。
この春、気持ちが大きく変わり、「自分を見てもらいたい」と思った。
そして5月6日、Kスタ宮城で行われたプロ野球、楽天対西武戦で始球式を務めた。

  ~以上、自著「希望 僕が被災地で考えたこと」(講談社)~

もちろん投げる距離は短くしてもらい、30分ほど練習して本番に臨んだそうだ。
投げる前に、観客席を向いて声を張り上げた。
「東北の皆さんに、心をこめて、投げさせていただきます!」

短い左腕と左ほおでボールをはさんで、エイッと投げた。
ボールは、弧を描いて本塁手前で落ち、転がって届いた。
ちなみに、映像を動画投稿サイトで見ることができるという。
始球式の後、電動車いすを使わず、駆けて戻る姿も収められているそうだ。

被災地に、8月も行ったという。
「失ったものでなく、残されたもので何ができるか。できることもあるということを、一人でも多くの人に感じてほしくて始球式に……」
と乙武さんは話していたそうだ。

2011年8月30日 (火)

おやじギャグの効果??

〈静かさや 居間にしみいる おやじギャグ〉
   ~サラリーマン川柳、ひと昔前の入選作より~
寒いギャグにシーンとなる様子が、目に浮かぶようだ。(笑)

おやじギャグ好きのような、佐々木則夫監督。
とはいえ、シーンとさせるタイプではないようで、なでしこジャパンに笑顔が多いのは、監督のギャグの効果でもあるらしい。

チームに車が提供されることになり、過日の式典で監督は、車名をもじって「僕にはアウディ」と挨拶。(汗)
主将の沢穂希選手が「これまで高級車には手が届かなくて」と言うと、監督が「でも私には」と合いの手を入れ、沢選手もすかさず「アウディ」とやって沸かせた。(笑)
チームの雰囲気がよく分かるし、こういう指導者もいたのかと、あらためて驚く。

女子チームを世界一にした監督の一人、バレーボールの大松博文さん。
氏は「鬼の大松」と呼ばれ、「おれについてこい」は流行語にもなった。

佐々木監督は、選手と一緒に自然体、女性だからと構えることは排してきたそうだ。
つらい時期を耐えてきた選手たちを尊敬し、みんなの意見を積極的に受け入れるという。
時々飛ばすおやじギャグが、潤滑油になっているのだろう。

できそうにないことをやれとは言わないし、やったことをダメとも言わない。
そんな監督評もあるという。(汗)
それでいて、チームはどんどん前に進む。

自然体が生む一体感が、組織の推進力になっているようだ。
スポーツのチームに限った話ではない、相変わらずドタバタの続く日本の政党に見習わせたいもんだ。(笑)

2011年8月29日 (月)

脱・宰相不幸社会??

♪ああ わかってくれとは言わないが そんなに俺が悪いのか

上記は、30年近く前にチェッカーズが歌った、「ギザギザハートの子守唄」のサビの部分。
この曲、菅直人氏の「カラオケの十八番」という。(汗)

与党内だけでなく閣内からも離反者が出てきて、最近の世論も内閣支持率が10%台に落ち込んでいた。
国民の多くが待ち望んだ退陣を、過日、ようやく公式に表明。やれやれ……。
もっとも、本人にすれば、歌詞の思いそのままなのかもしれないが。(汗)

世襲でない首相は10何年かぶり、といわれた。
市民運動を原点とする菅氏に、国民は気分一新を託した。
期待が大きかった分、落胆は倍にも増して大きい。(凹)

短命の原因は、もちろん首相自身の資質によるもの。
とはいえ、1年前後で退場する首相が、安倍晋三氏から菅氏まで、5人も続く。(呆)

政権が変わっても、流れは変わらない。
期待に応えられない首相が悪いのか、国民が期待しすぎるのか……。(汗)

威勢もよく「最小不幸社会」を目指すと言って首相になった人が、「宰相不幸社会」と皮肉られながら、辞めていく。
そして本日、次の首相になる(だろう?? 笑)民主党の新代表が、決選投票の末、野田氏に決定した。
治療を兼ねた政策を、冗舌でなくてもいい、見出しより中身で語る、そんな首相であることを、今度こそ期待したいものだ!!

2011年8月27日 (土)

食べるオリーブオイル??

自然環境に恵まれた香川県の小豆島で、400年続くという伝統の手延素麺、特産のオリーブオイルを使ったドレッシングなどの調味料を製造する、某株式会社。
1105tru新商品の「食べるオリーブオイル」を、4月20日から販売しているそうだ。

消費者からの、「オリーブオイルはヘルシーなので、食べるオリーブオイルという商品を作ってほしい」との要望から開発された、同商品。
瀬戸内産のちりめんをはじめ、刻みにんにく、たまねぎ、刻みしょうがなど、13種の素材をオリーブオイルに漬け込んだもの。
適度な大きさの唐辛子が、飽きのこない味を作り出しているとか。

ご飯にそのまま乗せたり、パスタに絡めたり、そのまま酒のつまみにしたり、さまざまな用途で使えるという。
ちなみに価格は、840円(税込)だそうだ。
一大ブームを起こした「食べるラー油」の人気に、残念ながら今のところ届いてないようだが……。(汗)

2011年8月26日 (金)

響きあう言葉の町づくり??

震災後に多く流れたCMの一つに、童謡詩人の詩の一節、「ごめんねっていうと ごめんねっていう……」のがあった。
同じ頃、救援活動の広がりに被災地からは「ありがとう」の声が上がっている、と報じられた。

ふと、高知の話題を思い出す。
土佐くろしお鉄道の起点駅に、「後免(ごめん)駅」(南国市後免町)がある。
次の「後免町(ごめんまち)駅」は、紛らわしいので、ごめん駅と響き合うようにと、「ありがとう駅」と愛称で呼ばれるようになった。

高知県出身の漫画家、やなせたかしさんが提案したという。
ありがとう駅には、やなせさんが書いたメッセージもあるそうだ。
「…… ふたつの美しい言葉 ごめんごめん ありがとう ……」
南国市では、二つが響き合う町づくりが進む。

また、後免から西に延びる、土佐電鉄の路面電車。
南国市の西隣の高知市を貫き、高知市の西隣・いの町の伊野まで約20kmを走っている。

行き先をひらがなで書いた電車が、あちこちですれ違う。
「ごめん」「いの」が、いつしか〈ごめん、いいの、と「謝って許す電車」〉として、鉄道ファンの間で話題になったそうだ。

「ごめん」と「ありがとう」もいいが、「ごめん」と「いいの」もいい。 (笑)

2011年8月25日 (木)

サザエさんがサザエを食べた??

日曜日の午後6時30分から某テレビで放送されている、長寿アニメ、『サザエさん』
1969年に放送が開始されて以来、43年目を迎えた今もなお、子どもからお年寄りまで、幅広く親しまれている。(^^)v

1108szそんな長い歴史を持つ『サザエさん』の、アニメの公式本が43年目の今年、初めての公式ガイドブック『アニメ「サザエさん」公式大図鑑 サザエでございま~す!』(扶桑社)として刊行されたそうだ。
このガイドブック、『サザエさん』の登場人物たちの紹介以外にも、長寿アニメならではの様々な逸話が掲載されているという。
以下は、この公式大図鑑に載っているという、“サザエさんにまつわる意外なエピソード”のいくつか――

◆エッ……本当に? 食卓にあがった意外すぎるモノ
 一台のちゃぶ台を囲み、一家団らんの夕食を楽しむ、サザエさん一家。
 食卓の上には、「アジのひらき」や「焼きサンマ」といった和食から、「カレーライス」「エビフライ」「ハンバーグ」と、子どもの大好物まで様々なものが並ぶ。
 そんな定番に並んで、これまでの長い放送の中では、「カップラーメン」や「ビーフストロガノフ」、さらには「ふぐ」や「サザエ」など、ちょっと意外な食べ物が並ぶこともあったそうだ。(驚)

◆カツオのガールフレンド、原作マンガでは……?
 原作の4コママンガがベースのアニメながら、アニメにしか登場しないキャラクターが数多く登場するそうだ。
 ちなみに、アニメに出てくるカツオのクラスメイトの中で、マンガにも登場しているのは、早川さんだけだとか。
 マンガには中島、花沢さん、かおりちゃん“らしき”(笑)キャラクターは登場するそうだが、名前などは無く、アニメ化される際に細かく設定が付け加えられたそうだ。

◆伊佐坂先生はどんな小説を書いている?
 サザエさんの家の隣家の伊佐坂家の主人、小説家の伊佐坂難物が主に執筆している小説のジャンルは、なんと!! 「恋愛小説」なんだそうだ。(*_*)
 その作品名は、『愛のつむじ風』とか。(^^;
 また、公式大図鑑によれば、小説の他に磯野家を題材にしたエッセイも書いたことがあるという。(^^)

他に、オープニングでサザエさんが元気に「サザエでございま~す!」と言うセリフは、実は昔は別のセリフを言っていたことがあるそうだ。(*_*)
ネット記事ではそこまでしか掲載されていなかったので、どんなセリフだったのか、気になる方は本を読んでご確認を。(^^)
ちなみに、すごろく、塗り絵、フィルムコミックなどの付録も付いているそうだ。(^^)v

2011年8月24日 (水)

地道な積み重ね??

1108kkh両さんが大活躍(?)するギャグ漫画、「こちら亀有公園前派出所」(通称・こち亀)が来月で35周年を迎えるとか。
某少年週刊誌で連載が始まったのは、ロッキード事件で日本列島が揺れた、1976年。
以来、休むことなく、単行本も176冊になったという。(驚) スゴイ!!

東京の下町が舞台で、作者の秋本治さん自身も下町っ子。
漫画には個性的なキャラクターが毎回登場し、両さんとドタバタ騒動を繰り広げる。(笑)
テレビのアニメ、ドラマ、映画化されたりと、幅広い世帯に愛されている漫画といえる。
ちなみに、オヤジながら、自分自身も好きな漫画の一つ。(汗)

秋本さんは流行に敏感で、気になる新聞記事をこまめに切り抜き、ネタにしているという。
そして、一番のコダワリは、足を使って取材することとか。

下町の風景、生活感など、細部を描き込むためだそうで、そのリアルさが破天荒な主人公の漫画を支えているのだろう。
長寿作品は、地道な積み重ねの結晶!!
人生にも通ずるかも。(汗)

2011年8月23日 (火)

八??

タイで初の女性首相になったインラックさんの前途を、国民は彼女にまつわる「8」を探して楽しみ、かつ祝っているとか。
44歳だから、「4と4を足して8」
国王から認証されたのが、「8月8日」
などなど。

中国系の影響を受けて、末広がりの8は、タイでも大変人気がある、という。
翻って、日本人と「八」の縁も、かなり深い。

八が付くものは数多いが、身近でいえば八百屋がある。(笑)
八そのものが、数の多さも意味する。

意味合いを変え、相手構わず当たり散らすのを、八つ当たりという。(汗)
昨今の政界は、八方破れや八方ふさがりも連想させる。(凹)

過日、なでしこジャパンはW杯で、列島を笑顔の八重咲きにしてくれた。
先日の国民栄誉賞受賞では、選手の満開の笑顔が七重八重になった。
ナデシコの花が野に咲く季節が近いことに、せめて希望を見つけたい……。(汗)

2011年8月22日 (月)

希望の言葉!!

東日本大震災から、5ヵ月が過ぎた。(汗)
大きな被害を残した震災は、いろんな人々の、たくさんの言葉も残した。
以下、胸に刻みたい言葉を新聞などから拾って出版された、「希望の言葉」(ハルキ文庫)から――

「お腹がすけば、落ち込むべ。下を向いてても、しょうがない。もう少ししたら、種イモをいっぱい植えるんだあ」
 ~岩手県陸前高田市内で農業を営む、77歳の女性~

「(あの日)漁から戻ったら港が変わり果てていた。取った魚は海に捨てた。(けれども)いのちより大事な船は残った。いつかまた必ず海に出る」
 ~宮城県石巻市で漁業を営む、72歳の男性~

「日本の救世主になってください」
 ~福島原発事故で出動した緊急消防援助隊の総隊長が、現場から送った「行ってくるよ」のメールに、妻は1行だけの返信に思いをこめた~

「看護師になって人の役に立ちたい。子どもは3人欲しい。この町で育てるよ」
 ~岩手県大槌町の避難所で、高校2年生~

「子どもたちがきっと、明日の大槌町を作る力になってくれる。そういう子どもを私たちが育てるのです」
 ~大槌町の教育長~

「夜空の星がきれいでした」
 ~震災後9日目に、家屋のがれきの中から祖母と一緒に救出された、宮城県の高校1年生。助けられるまでのことを聞かれて、言った~

宮城全域が停電だった時、短文投稿サイトーには次のつぶやきが寄せられたという。
「今まで見たことないくらい星がきれいだよ。仙台のみんな、上を向くんだ」

各々の言葉の、深さと重さがしみる……。

2011年8月20日 (土)

食べ合わせ??

夏に決まって耳にする、“食べ合わせ”という言葉。
もっとも、食べ合わせが悪い組み合わせを一緒に食べたからといって、誰もが必ずお腹を壊しまったり、病気になるなど、実は医学的な根拠はないらしい。(驚)
早い話、単体でなら摂れるはずの栄養素が、組み合わせることで崩壊し、摂れなくなるというくらいのことなんだそうだ。(汗)

とはいえ、夏によく食べる食材で、やはりNGな食べ合わせというのはあるらしい。
そんな代表的なものを、いくつか……。

①、すいかと天ぷら
 天ぷらは、衣が油をたくさん吸うため、食べ過ぎると胃もたれを起こすもの。
 また、すいかは、胃腸や体を冷やす作用を持っている。
 天ぷらで胃がもたれているところに、水分が多いすいかを食べると、胃腸の働きが落ち胃酸を薄めてしまう。
 そのため、大量に摂ると、油分の多い天ぷらの消化不良を起こしやすくなり、胃腸の調子が悪くなり、体調を崩しやすくなるそうだ。

②、うなぎと梅干
 この言い伝えについては、たくさんの説があるという。
 ぜいたくの戒め説、過食の戒め説、栄養の消失説、食中毒の予防説、などなど……。
 いずれも根拠のない、迷信らしい。(汗)

 タンパク質やビタミンなど、夏バテ解消の栄養素に富む、うなぎ。
 とはいえ、消化のあまりよくない動物性脂肪もたっぷり……。(汗)
 うなぎの脂っぽさと梅干の酸味が刺激し合い、結果、消化不良を起こすことにも……。(凹)

③、 茄子の漬物と冷たい蕎麦
 茄子の漬物は、体のほてりを冷ます働きがあるので、夏にはもってこいの食べ物。
 また、冷たい蕎麦にも胃を冷やす作用がある。
 つまり、この二つを冷たいまま食べ合わせると、身体が冷えすぎてしまうことに……。(汗)

 ただ、加熱調理することで、その作用は緩和されるそうで、茄子の漬物と蕎麦を食べる場合は、蕎麦は温かいものにしたほうがベター。
 体を温める効果のある、ネギや七味をプラスすると、より効果的だそうだ。

④、かき氷と蟹
 蟹もかき氷も、体を冷やす効果がある。
 体を温める働きのある生姜や、酢醤油をかけて食べるのがいいそうだ。

ま、いずれにしろ問題は、食べ過ぎということとか。
ほどほどに楽しめば、食べ合わせも恐くない!! そうだ。(笑)

2011年8月19日 (金)

この辺でエーよ??

1108njk_2女子サッカーW杯で初優勝した日本チーム、「なでしこJAPAN」に昨日、首相官邸で国民栄誉賞が授与された。
ちなみに史上初の団体受賞。

一部には、「なでしこJAPAN」の人気を政治利用しようとしている、との批判的な意見も多いようだが、彼女たちの偉大な功績を思えば、授与しない方がかえってヘンってもん。
ま、永田町関係者によると、「菅政権には、もうこれくらいしか手がない」らしい。(笑)

それにしてもシブトイ、菅首相。(呆)
国民の多くは首相に、「この辺でエーで賞」を送りたいと思ってるんだけどねえ……。(凹)

2011年8月18日 (木)

お墓に避難??

大きな自然災害に見舞われた地域で社会問題になるのは、仮設住宅などでの孤独死。(汗)
哀しいかな、自殺のニュースも時々聞く。(凹)

内閣府が警察庁のデータを基に、今年6月の自殺者について、東日本大震災との関連を調査。
結果、直接の原因となった自殺者が、16人いることが分かったそうだ。(汗)
ちなみに、国が震災関連の自殺統計を公表するのは、初めてという。

6月の16人を都道府県別(避難先を含む)で見ると、宮城8人、岩手3人、福島2人など。
年齢別では、60代が6人で最も多く、70代、80代以上が各々1人ずついたそうだ。(汗)

93歳の女性が6月に遺書を残して自ら命を絶った、と過日、某紙に報じられていたという。
その女性が住んでいたのは、福島県南相馬市の緊急時避難準備区域。

長男夫婦、孫2人と一緒に暮らしていたが、原発事故で長男夫婦と孫は群馬県の民宿へ、女性は避難生活を考えて福島県内の次女の嫁ぎ先へ身を寄せた。
体調を崩して入退院を繰り返した後、6月に皆と一緒の生活が戻ったが、その2週間後に命を絶ったという。(愕)

原発事故が深刻化したら、また避難しなければならない。
その時は今度は一緒に、家族はそう言ってくれていたそうだが……。(汗)

遺書には、「老人はあしでまといになるから」とあったという。
「毎日原発のことばかりでいきたここちしません(中略) さようなら 私はお墓にひなんします ごめんなさい」(涙)

2011年8月17日 (水)

世界でいちばん人気がある日本??

本のタイトル、「日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか」(竹田恒泰・著、PHP新書)。(汗)
ちとオーバーではないかと思うが、オーバーではありません、と言うように著者は、国際メディアの調査などを種々挙げて説明してゆく。

車や電気製品だけでなく、正義感を秘め持つ漫画・アニメから、環境の世紀に合う「もったいない」精神まで、“好まれる日本”の裾野は日本人が知る以上に広いという。
外で称賛されたのを知って、初めて日本的なものの価値を再発見する、そんなパターンが多いようだ。

メード・イン・ジャパンや和の心だけでなく、人物についても言えるとして著者が挙げる一人がいる。
名前は、八田與一。う~~ん、まるで知らん~~。(汗)

日本統治時代の台湾南部、不毛の地に水路を巡らせて、一大穀倉地帯にした土木技師だそうだ。
アジア最大級の、烏山頭ダムも造ったという。
地元の人々が建てた氏の銅像は、戦後、日本関係の像が壊されるなかで、地元民が守り抜いたそうだ。(驚)

銅像や墓があるダムの近くで、昨年2月に着工された記念公園が完成、命日の5月8日に開園式が行われたという。
約4haの敷地に、八田が住んだ当時の職員宿舎や庭園が復元されたとか。

台湾は親日家が多いが、尖閣諸島問題や歴史認識などでの日本批判で知られる、馬英九総統も出席した。(汗)
もっとも、記念公園の造営は総統が指示したという。(驚)
開園式典では、「恩は忘れない」と述べたそうだ。

2011年8月16日 (火)

がんばろう! 男子サッカー!!

過日、男子サッカーキリンカップの日韓戦で、終始日本のペースで3ー0と快勝した。
サッカーの男子日本代表チームが韓国代表に勝ったのは、6年ぶりとか。(汗)
また、日本国内での日韓戦勝利は13年ぶり、3点差以上での勝利となると、なんと!! 37年ぶりという。(驚)

日本が相手だと普段以上の力を出すのが常だった韓国(汗)を、軽快なパスで封じ込めた。
日本が得意とするパスワークは、従来は軽快さの割に点が入らないので、解説者は酷評してきたものだが、今回は辛口解説も封じ込めたようだ。(笑)

最近のサッカー界は、なでしこジャパン一色ともいえる。(汗)
女子ワールドカップ(W杯)を制し、国民栄誉賞受賞も決まった、その功績は確かに大きい。

同列では論じられないが、昨年のW杯で16強に入った男子は、その後の1年でたくましさを増した。
そう感じさせる韓国戦だったといえる。

ちなみに、W杯後の昨年8月、ザッケローニ監督になってからの日本代表は、まだ一度も負けていない。
国際試合を11試合指揮して、7勝(PK勝ち1)4分け。
今年1月のアジア杯では、決勝でオーストラリアを破って、優勝もしている。

このイタリア人監督、日本代表を率いるにふさわしい何かを持っているのだろう。
日本人への敬意を常々口にする態度も、その一つかもしれない。

団結力と多彩な応用力を持つ日本流のサッカーを進化させるために自分は日本に来た、と言う。
殊に、「日本に恋している」そうだ。
これからの男子サッカー、大いに期待したい!!

2011年8月15日 (月)

ガン友??

行政に陳情し、対決もした、一人の障害者。
その声を正面から受け止めた、一人の公務員。
公務員が公職を離れた後も互いに心を通わせ、いまも助け合っているという。(驚)

小山内美智子さんと浅野史郎さん。
重度の脳性まひを抱えながら小山内さんは、一人の女性として自立を目指していた。
厚生省官僚だった浅野さんは、北海道庁に出向して間もなく小山内さんと向き合った。

知り合って、26年。
介助が必要な人の生活自立支援施設を札幌で運営する小山内さんは、3年前に悪性リンパ腫を発症した。(汗)
宮城県知事を経て慶大教授になった浅野さんは、2年前に成人T細胞白血病(ATL)を発症したという。(凹)
幸い、二人共に治療は順調だったそうだ。(喜)

ATLについては、知られていないことが多いという。
患者の声が政治を動かし、ようやく政府が昨秋、総合対策に乗りだした。

浅野さんは、「変な言い方ですが、この病気になった甲斐があった、とさえ思えるようになった」と語る。
先々月に教壇に復帰、学生たちは教室を満員にして迎えたという。

小山内さんは、「これからも助け合っていきましょう。ガン友ですから」とメールを送ったそうだ。(笑)

2011年8月13日 (土)

正しく恐れる!!

国の栄枯盛衰、人々の喜びや悲しみ、すべて知って静かにたたずむ、古都。
日本の文化と日本人の心を映す、街。

そんなイメージの深い京都に、この数日、「イメージダウンだ」「京都市民として恥ずかしい」といった声が寄せられているそうだ。
理由は、東日本大震災で被災した松を京都「五山送り火」(16日)の大文字で燃やす話が、不当な形で一度中止になったため。

津波で倒れた岩手県陸前高田市の景勝地・高田松原の松を、護摩木に使う話は6月に持ち上がっていたとか。
ボランティアで同市を訪れた大分の美術家が、松が薪になって売られていると知り、大文字保存会に呼びかけたという。

報道されると、反対の声が市民から上がった。
「放射能汚染された灰が飛ぶ」
「琵琶湖の水が飲めなくなる」、などなど……。(汗)

陸前高田は福島第一原発からは遠く、もちろん薪からは放射性物質は検出されていない。
それでも反対の声は消えなかったという。(凹)

結局、犠牲者の名前や復興への願いが書かれた薪。約300本は、地元で迎え火として焚かれた。(汗)
京都で使わなかったことに対する抗議が、京都市などに約1,000件も寄せられたという。
結果、急きょ陸前高田から薪500本を取り寄せ、五山送り火で使うことにしたそうだ。(呆)

こんな恥をざらす前に、被災地の思いをくみ取っていたら、命の尊さを京都から滞りなく発信することができていたはず!!(怒)
根拠のない差別で、多くの心が傷つけられた。
傷ついた人には、京都市民も少なからず含まれていることだろう……。

「正しく恐れる」
そのことの大切さを、あらためて噛みしめ直す。(汗)

2011年8月12日 (金)

原発大国化した被爆国の悲哀??

原子爆弾を投下された唯一の国・日本が、原爆を生みの親とする原子力発電を積極的に推進したのは何故だろう??
どんな経緯があったのか、戦争を知らない世代として、やはり気になる。

遡(さかのぼ)ること1953(昭和28)年、米国のアイゼンハワー大統領が、国連で「原子力の平和利用」を表明した。
世界戦略の一環だったといわれる。(汗)

翌年、米水爆実験で第五福竜丸が「死の灰」を浴びた後は、日本懐柔策としても位置づけられていく。(凹)
原子力は使い方次第で人類に計り知れない利益と繁栄をもたらす、米国はそう説いた。
日本政府が、核廃絶を訴えつつ、苦しみを乗り越えて核の平和利用も推進する方向で動きだすまでに、大して時間はかからなかったようた。(凹)

先頃、50年代の米公文書の内容が相次いで報道された。
原子力発電所を被爆地・広島に建設する案が、米政権内にはあったという。(驚)
平和利用で日本国民の嫌米感情を和らげたうえで、日本に核兵器を配備する案も準備されていたそうだ。(呆)

そんなことを知るよしもなく、日本での平和利用キャンペーンはマスコミを巻き込んで展開された。(汗)
全国縦断の博覧会も企画され、原子力のバラ色の可能性に期待する声は各界各層で聞かれたという。

現在、原発大国の一つにもなった、日本。(汗)
被爆国ゆえに、平和利用に込めることのできる特別な思いや願いがそうさせた、ともいえる。(凹)

国内初の原子力発電が行われて、48年。
福島の原発事故がなければ、平和裏に半世紀を迎えていただろう現実が、あまりにも怖ろしい……。(凹)

2011年8月11日 (木)

ゴジラと鉄腕アトムを生んだ国の現在??

ほぼ同じ時代に日本で誕生した、「ゴジラ」と「鉄腕アトム」。懐かしい……。(笑)
怪獣と正義のロボットは、日本の二つの顔をそれぞれ象徴しているともいえる。
つまり、「被爆」国と、「原子力の平和利用」推進国。

1108gzr映画「ゴジラ」は、1954(昭和29)年に公開された。
米国の水爆実験で日本の漁船・第五福竜丸が放射能を浴びた、映画はその直後に作られた。
原始怪獣が水爆で巨大化して、日本を襲うというストーリー。

1108atm漫画「鉄腕アトム」の誕生は、ゴジラより2年早い。
正義のアトムは、原子力(アトム)で動く。
原子力の平和利用について、米国が世界に呼び掛ける前に、先取りするようなかたちで世に出ている。

ゴジラの映画は日本ではシリーズ化され、第1作は世界各国に輸出もされた。
鉄腕アトムも、60年代にテレビアニメ化され、海外でも放送された。
いわば、「核の落とし子」と「核の平和利用の使者」は、海外でも競い合う格好。(汗)

原爆と原発は一字しか違わず、語感も似ている。
ウランかプルトニウムを燃料に、「一瞬」のうちに核分裂させるのが原爆で、「ゆっくり」核分裂させるのが原発。

国や電力会社は、「原爆と原発は全然違う」と言ってきた。
2011年に様相は一変、ヒロシマ・ナガサキの次に、第五福竜丸をはさんで、フクシマが語られ始めるようになった。(汗)
日本をはじめ世界は、フクシマを最後にできるのだろうか……。(凹)

2011年8月10日 (水)

入るを量らず、出ずるも制せない国??

収入に応じて支出しなさい、という意味のことを西洋でも東洋でも、昔から諺(ことわざ)ふうに言う。
ちなみに英語では、「Spend as you get」というそうだ。

家計も国家財政も、基本は変わらない。
収入以上の支出を続けた国がどうなるか、その一例が今、米国に見られる。
借金総額が、日本円換算で1,000兆円を超えた。
返済能力の限度である法定上限に達したので、上限を引き上げ、債務不履行の最悪事態は取りあえずは回避したようだ。

前述の諺を、日本語では「入るを量りて出ずるを為す(制す)」という。
中国の五経の一つ「礼記」の中からとられたもので、古代税制の基本精神を為す。

入るを量らず、出ずるも制せなかった国がどうなるか。
絶好(汗)の例は、日本に見ることもできる。(凹)
国の借金総額は2011年度末で約1,000兆円に達する、との政府見通しが今年1月に国会に提出された。(汗)

ま、数字で見る限りは、米国と同程度。
とはいえ、深刻度は日本のほうが上、といわれる。(汗)

つまり、米国の借金総額は国内総生産(GDP)とほぼ同じレベルだが、日本はGDPの約2倍という。(凹)
予算規模との比較でも、米国の4倍弱に対し、日本は10倍強。(愕)

無駄遣いの徹底削減を掲げて政権を奪取した、日本の民主党。
削減分を新たな財源にして種々約束したことの実現に使う、はずだった。
ところが、いっこうに削減はままならず、「入るを量りそこね」て「出ずるにまかせ」ている。(凹)
あげく、増税ありきの政策を強行しようとする……。
国民にも理解を……、などと、今更どのツラ下げて言えるんダッ!! って。(怒)
ま、それが日本の政治屋のいつものテ、か……。(凹)

2011年8月 9日 (火)

福島県民の総スカン(菅)??

菅直人首相夫妻が街を歩いていると、伸子夫人が缶拾いをしているホームレスを見つけた。
伸子夫人……「あの人、昔の彼氏だわ。一時期、結婚まで考えてたの」
菅首相 ……「あの男と結婚していたら、君は首相夫人ではなかった」
伸子夫人……「何言っているの。そうなったらあなたが缶拾いしてたわよ」
  ~『ジョークで読む国際政治』(名越健郎・著)

ジョークとは関係ないが、菅首相の評価が被災地、特に福島県で低い理由の1 つは、山口県出身の首相が昨年6月の就任会見で、尊敬する人物として高杉晋作を挙げ、自らの内閣を「奇兵隊内閣」と称したことにあるという。
奇兵隊を前身とする長州軍は、幕末の戊辰戦争で福島県会津を攻略し、住民を虐待した。(汗)

奇兵隊内閣下で起きた福島第一原発事故は福島の人々に、戊辰戦争以来の屈辱感、無力感を感じさせたのかもしれない……。

2011年8月 8日 (月)

なでしこうどん??

サッカー女子ワールドカップ(W杯)日本代表、「なでしこジャパン」の優勝を記念して、佐賀県鳥栖市の某うどん店に、特製メニュー「なでしこうどん」を登場したそうだ。
1108njkちなみに、決勝戦の舞台となったドイツ・フランクフルトにちなんでソーセージ、金メダルと日の丸に似せたゆで卵、Wをかたどった丸天をめんに添えたもの。

値段は、一杯500円。
ナイス“ゴール”と、来年のロンドン五輪出場に“GO”との願いを込めたという。

実は同うどん店の店長、プロ野球・福岡ソフトバンクホークスの優勝を記念した「ホークス優勝うどん」、トリノ五輪フィギュアスケート金メダルの荒川静香選手を讃えた「静香うどん」など、これまでも話題に応じた新メニューを発案してきたアイデアマン。
今回の「なでしこうどん」に対しても、「優勝の知らせを聞いて『万歳』と叫び、そのときの気持ちを表した」そうだ。

販売はお盆までだそうで、食してみたい方はお早めに!!

2011年8月 5日 (金)

新弟子時代の人生訓??

長寿の演芸番組「笑点」の大喜利司会者を務める桂歌丸さんは今年、落語家生活60周年を迎えたそうだ。
1951年に5代目・古今亭今鶴に入門。
「まだまだやりたい噺(はなし)、覚えたい噺がたくさんあるんですよ」
そう話す姿は、今月で75歳になるとは思えない若々しさ。最近の年寄はなんでか、ほんとに若い!!

「人を褒める時はあごを引け。あごを出すと人をバカにしたようになるもんだ」
「若い時には苦労をしなさい。でも何年か経って振り返って、笑い話にできるようにしなきゃいけない」
入門したての頃、教え込まれた人生訓という。

落語に限らず、その道に通じた人たちの言葉は、なかなかに味わい深い。

「出すカネを考えずに、もらうカネを考えろ」
赤字国債を次々に発行することにも異状を感じない日本の政治家に、たたきこみたいものだ!!(怒)

2011年8月 4日 (木)

こんなに違うスピード感??

先月、テレビのアナログ放送が終了し、地上デジタル放送(地デジ)に完全移行。
60年近い歴史がある、日本のテレビ放送の転換点になった。

2003年に東京、大阪、名古屋からスタートした地デジ。
全国約5,000万世帯のテレビ受像機を、すべて地デジ対応型に替えていく、いわば壮大な実験でもあった。(汗)

大震災の被害がひどい東北3県を除いて、予定通り移行したものの現実的に、こんなにも性急な切り替えで、果たしてよかったのだろうか??
切り替えの陰で、消耗品の一種とはいえ数万~数10万円するテレビが、8年ほどで1億台以上買い替えられ、廃棄されたことになる。(凹)

技術革新で、製品の世代交代が大規模に進むこと自体は珍しくない。
携帯電話の登場と進化が、通信の風景を10年余で一変させた。

今回のテレビ界の様相一変は、国がゴールの日を決めて推進した点が、ケータイなどとは根本的に異なるもの。
つまり、一般論として、国がその気になれば大抵のことが可能になるということ。
とはいえ、東日本大震災の国の手当てにスピード感は無く、いっこうに進まない……。(凹)
与党も野党も、頭にあるのは政局ばかり。(呆)
いっそ国会を被災地、なかでも福島原発の傍に移して討議すりゃ、テメエらも真剣度が増すはず!!(怒)

2011年8月 3日 (水)

日本沈没??

日本列島を乗せたプレートの変動で、大地震などが頻発、最後には列島が沈没する……。(汗)
1108nck昭和48年に出版されたSF小説「日本沈没」は、昭和元禄に浮かれていた日本人に、空前のベストセラーとなって読まれ、映画化されると上映館は満員になった。
荒唐無稽のようでいて、空想が現実になっても不思議でないような、そんな不気味さを感じたものだ。(汗)

日本とは何か……?? 日本人とは何か……??
作品に流れる主題の背景には、著者・小松左京さんの戦争体験があるという。
もし「一億総玉砕」していたら、国はどうなっていただろう??
国が消えると、国民はどうなるのか??
そんな思いを空想科学小説で問いかけてきた。

20世紀、日本の戦争は、核兵器が投下されて終わった。(汗)
21世紀には、核を平和利用した原子力発電所での史上最悪の事故が、同じ国を揺るがしている。
一部の国民が故郷を追われている現実は、「日本沈没」で祖国をなくして流浪する人々とダブるもの……。(凹)

原発事故を生んだ大震災は、科学者らの想定を超える規模で極東の島国を襲った。
放射性物質による汚染の規模も、専門家の予測を超えて拡大中。(汗)
原発を推進してきた政府の体制と電力業界の体質の、国民の想像を超える劣化が、いっそう不安を募らせる。(凹)

過日、「文明と日本人」を問い続けた、小松さんが亡くなった。合掌。

2011年8月 2日 (火)

販売不振で値下げ??

1108nd某ゲームメーカー大手が先月、今春発売した「3D」の携帯型ゲーム機の不振や円高が響き、2011年度上期(4~9月)の連結純損益が、当初見込んだ180億円の黒字から、350億円の赤字になるとの見通しを発表。(驚)
このため、販売テコ入れとして、前述のゲーム機を、現行の2万5,000円から1万5,000円へ値下げすることを明らかにした。(汗)
国内では今月中旬から、海外でも9月中までには値下げを実施するという。

このゲーム機、国内では2月末に発売されたばかり。
また、これほどの大幅値下げは、極めて異例といえるもの。

それにしてもなあ、販売不振とはいえ、いまさら1万円も値下げできるのなら、その価格で最初っから販売しろって!!(怒)
最近の日本の企業って、いったいどれだけ暴利をむさぼってるんダ!?(凹)

2011年8月 1日 (月)

完全地デジ化の罪??

先月24日、岩手・宮城・福島の3県を除いて、テレビが地上デジタル放送に完全移行された。
つまり、これまでFMラジオを通じてテレビ音声を聞いていた視覚障碍者には、以降はそれが不可能ということになった。(汗)

厚生労働省の調査(平成18年)によると、視覚障害者が情報を入手する手段(複数回答)は、テレビが66.0%で、家族・友人(55.7%)、ラジオ(49.3%)を上回っている。
このため、全日本視覚障害者協議会は6月、携帯用ラジオに地デジ放送の受信機能を付加し、これまで通りにテレビ放送が聞けるようにする措置などを求める請願書を国会に提出したが、対策は取られないままだったようだ。(呆)

視覚障害者からは、「テレビに見放されるのでは……」と心配する声が上がっているという。
ま、そりゃそうだよなあ、手軽に持ち運べる情報ツールを奪われることへの不安は大きいはず!!(怒)

携帯のワンセグ機能でテレビ音声を聞く方法もあるとはいえ、視覚障害者には煩雑な操作は難しいことだろう。
また、バッテリーは長時間もたないため、なかなか購入に踏み切れない人も少なくは無いはず。

生活弱者に配慮が見えない政府・民主党、生活弱者のことがまるで念頭にない官僚組織。(凹)
どっちもとっとと崩壊しちまえッ!!(怒)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »