« 間違った汗のかき方?? | トップページ | お宝が眠っている?? »

2010年12月22日 (水)

海外での日本語??

海外での日本は、「フジヤマ」「ゲイシャ」でイメージされた時代があった。(凹)
後に、「パチンコ」「カラオケ」などが加わった。(笑)

英国の権威ある辞書「コリンズ・イングリッシュ・ディクショナリー」に、「ベントウ」や「ラーメン」が収録されて話題になったのは、9年前。
何故か「ソバ」「ウドン」「ワサビ」といった食べ物が多く含まれていたようだ。(汗)

最近の英オックスフォード大学出版局の英語辞書「オックスフォード・ディクショナリー・オブ・イングリッシュ」第3版には、サッカーW杯を賑わせた民族楽器「ブブゼラ」などに交じって、日本語からは「ヒキコモリ」が収められているとか。(驚)
ちなみに、「社会との接触を異常なまでに避けること。若い男性に多い」と説明されているという。
この辞書、第2版では「カロウシ」を収録していたそうだ。(汗)
過労死や引きこもりに、外国人も現代日本の一面を見ているのだろう。(凹)

ちなみに、過労死を漢字付きで紹介・説明した、「日本を理解するための日本語集」というタイトルの本が10数年前、欧州で出版されたことがあるそうだ。
他に、「拝金教」「いじめ」など、51語が収録されていたそうだ。

外国の人たちの関心が、日本人の心模様などに徐々に移ってきたともいえる。
プラスイメージの言葉を、もっと発信したいものだ……。(汗)

« 間違った汗のかき方?? | トップページ | お宝が眠っている?? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224568/50136662

この記事へのトラックバック一覧です: 海外での日本語??:

« 間違った汗のかき方?? | トップページ | お宝が眠っている?? »