« 鉄旅? | トップページ | メリー・クリスマス! »

2009年12月24日 (木)

渋滞はなぜ起きる?

景気対策の「土、日・千円高速」政策で、高速道路の渋滞が激しくなった。
この年末年始も各地で高速道路の渋滞が繰り広げられることだろう。(汗)

この渋滞、2車線の高速道で、距離1km間に50台を超す車が集まると起こるのだそうだ。
10年ほど前から渋滞を研究しているという某大学教授の著書、「渋滞学」(新潮選書)によると――
渋滞が始まるのは、車間距離が40m以下になったとき。
緩やかな上り坂などで先行車の速度が落ちると、後続車は車間距離が縮まるので必然的に次々とブレーキを踏む。
そんな坂を「サグ部」といい、渋滞原因の35%を占めるそうだ。(汗)
以下、事故(29%)、合流部(28%)と続く。

ちなみに同教授の研究では、通常は追い越し車線の方が速く走れるが、渋滞時は左の走行車線の方が速いという。
なるほど、確かに渋滞地点で、スゴいスピードで追い越していった車に並んだり、先行することも多々ある。
いわば「急がば回れ」だが、この現象、車が追い越し車線に集中するからとか。
往年の交通標語、「せまい日本、そんなに急いで何処へ行く」の言葉が、ふと浮かぶ……。(笑)

« 鉄旅? | トップページ | メリー・クリスマス! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224568/47068015

この記事へのトラックバック一覧です: 渋滞はなぜ起きる?:

« 鉄旅? | トップページ | メリー・クリスマス! »