« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

ダイエット。~DNA-PK?~

米・某大学の研究者らが、過剰に摂取した炭水化物を脂肪に変える働きがある遺伝子の特定に成功したとか。
つまり、将来的には「太らない薬」の開発にも期待がかけられている。

発見された、炭水化物を脂肪に変える働きがある物質は、「DNA-PK」と呼ばれる遺伝子。
一部のマウスに過剰に炭水化物を摂取させた後、「DNA-PK」の働きを遮断する実験を行った結果、そうでないマウスと比べ、脂肪が40%も少なくなったらしい。
同チームは、「5年~10年後には太らない薬が開発されているかも知れない」と、今回の発見が肥満予防や治療に役立つことを期待を寄せているようだ。
もっとも、「DNA-PK」の働きを遮断することで、人体にどのような影響があるかなど、さらに詳しい研究を重ねる必要があるそうだ。
安全性が確立されれば、これからは懸命なダイエットも無用になる!?(笑)

ダイエット。~最も効果的?~

チマタにあふれる、「最も効果的」を歌い文句にした、多くのダイエット法。(汗)
米・某大学院の某博士が過日、複数の方法に効果があるという研究結果を発表したそうだ。
それによると、減量したい人は、食物繊維が多く、低カロリーで飽和脂肪が少ない食事でさえあれば、自分に最も合うものを選べばいいとか。

同研究、肥満または過体重の米国人ボランティア800人余りに各々、脂肪、たんぱく質、炭水化物の量が異なる4種類のダイエット法のうち、1つずつを2年間にわたって実践してもらったもの。
結果、行ったダイエット方法にかかわりなく、減量効果がみられたそうだ。

ブームになっては消えてゆく、日本の各種のダイエット法。
この方法も、多くの女性が飛びついては、いずれ消えてゆく……??(汗)

2009年3月30日 (月)

まちおこし。~愛ある悪口~

静岡県島田市がまちおこし事業の一環として、全国から募集した「第5回愛するあなたへの悪口コンテスト」の審査結果が過日、発表された。
大賞に選ばれたのは、横浜市在住のポップライターの作品――
<あなたって 便座みたいに あったかい>

生活の中で便座は、暖かさを感じる存在でありながら、すぐにその暖かさを忘れてしまう。
便座と亭主(を重ね合わせた作品)のセンスが素晴らしい。というのが受賞理由とか。

同コンテスト、全国的に知名度が高まったこともあって、昨年9月から3ヵ月間の募集期間に、恋人や夫、妻などに宛てて、愛情のこもった悪口や皮肉を短く綴った文章が、約4,000点も寄せられたそうだ。
メールを使って複数点応募する人も多く、中には1人で203点応募した人もいたとか。(汗)
悪口や皮肉って、案外、誰もが好きなもんなんだよねえ。こっそり1人ほくそ笑んで、それでウップンとストレスが晴れりゃ、ま、それはそれで好いのかも……。(笑)

まちおこし。~一筆啓上~

16年前に福井県・丸岡町(現・坂井市)が始めた、日本一短い手紙のコンクール「一筆啓上賞」
5年前からは「新一筆啓上賞」と改称されたそうだが、その累計応募数が100万通を超えたとか。

母へ。(22歳)。
〈ゴミ箱に「クズ入れ」と書いてあると時々入りたくなります〉
ドラム缶みたいにデッカいゴミ箱になったら、ほんとに入らなきゃいけなくなるゾ~~。
しかも、入ったらそのまま捨てられたりして……??(笑)

夫へ。(28歳)。
〈この間、口内炎ができたのを見てもらった時、顔が近づいてドキッとしたわ、久々に〉
もしかして、そんな年齢で、もう早くもセックスレス??(汗)

息子へ。(40歳)。
〈化けていけ。割れていけ。溶けていけ。ギリギリで生きてみろ。そして、人にホレてみろ〉
出だしの「化けていけ」には、ちとドキッとする(笑)けど、「人にホレ」るのは確かに必要だよね。

私へ。(高校2年)。
〈お前の大きな財産の1つは、いじめの痛みを知っていることだ〉
痛みを知っている人間は、より強く、より他人にやさしくなれる!!

戦地で受け取った、母からのカナ交じりの手紙が忘れられないという、83歳の男性。
〈がっこさ、えってなエがら、かぐごどわがんなエ。いぎでかえってこいよ〉
自分の母も読み書きができなかった。それだけに、世代を超えてジンとする。
手紙に書かれた母の願いどおり、生きて帰ったのが、その男性の何よりもの親孝行!!

先日、2008年度の大賞5作品が発表された。テーマは、「夢」
23回忌を迎えた妻にあてて書いた、岩手県で農業を営む64歳の男性。
〈時々お前の夢を見る。子どもたちにも出てやってくれ〉
そういや、まだ先のことだけど、自分の妻の法要も次に行うのは23回忌……。(愁)

2009年3月29日 (日)

ハイテク過ぎ?

日本のトイレが、「ハイテク過ぎる」と、米国のソーシャルニュースサイトで話題になっているらしい。
米国では温水洗浄便座が一般的ではなく、便座を温めたり、お尻を洗ったりする機能に、驚きの声が挙がっているそうだ。

090329_3







きっかけは、某ニュースコミュニティーサイトに掲載された、長野県の斑尾高原スキー場にあるという、トイレの画像。
トイレの壁にスキーのジャンプ台から見た風景が描いてあり、便座に座ると、まるでジャンプ台の上にいるかのよう……。(笑)

この写真に、4,000近くのブックマークが付いて、一躍話題に。
ジャンプ台のような演出へのツッコミだけでなく、日本の温水洗浄便座の機能の紹介や、洗浄機能の体験談、そのハイテクっぷりを驚くものなど、さまざまなコメントが付いているようだ。例えば――
「日本のトイレはお尻を洗ってくれたり、便座が温かかったりする」
「一度、知らずにお尻洗浄ボタンを押してしまい、パンツをびしょびしょにしてしまったことがある」
「紙でふかなくて済むなんて清潔」
「こんなトイレがほしい」
などなど。

もっとも、拒否反応を示すユーザーも、もちろんいる。
「洗ってぬれたお尻はどうするの?」
「お尻を洗うとは、気持ち悪い!」

ま、賛成意見がありゃ反対意見もあるのが、世の常。
これまでにも何度か日本のトイレは話題になっているようで、検索すると、日本のトイレを紹介する動画や記事がいくつも出てくるらしい。(汗)
人間生活には欠かせないトイレ、やっぱつい気になるのかも??(笑)

2009年3月28日 (土)

性。~中国編~

中国で、恋愛経験のある中学生に対して、大規模なアンケート調査が行われたとか。
結果、恋愛経験のある中学生のうち、半数以上が性交渉体験があると回答。(汗)
また、70%が半年以内に恋愛を終わらせており、新たな恋愛相手を探しているそうだ。
中学生がたった半年でサヨナラって、ちと早過ぎやしねえか??(凹)
しかも、20%の中学生は「そんなに好きではないが、肉体関係をもった」と話し、また別の2割は「金銭を受け取って、肉体関係をもった」と話しているそうだ。
ほんとに中学生かあ~~??(滝汗)

これだけでも驚異だが、更に驚きなのは、香港の中学生の恋愛についてのアンケート。
結果、中学生のほとんどが、中学2年生までに恋愛経験をしているという。
しかも、1年の内に3人以上の異性と交際したことのある中学生が20%、なかには、5~9人の異性と付き合ってきたという中学生もいたそうだ。9人!? ま、負けた……。(凹)
1997年、中国領に返還されたものの、自治区として現在も自由圏の国柄か、中学生の恋愛も、まさに自由奔放。(汗)
ま、付き合った異性の全員と性交渉体験があるのかどうかは分からないが、単に考えれば“モテ男子(女子)”ってことだろうけどね。
驚くのは、そんな恋愛経験のある中学生の2割以上が、「お金をもらって肉体関係を持ってもいいと思っている」と答えているということ。(滝汗)
カラダはカネになる!! って、中学生がそんな考え方をする風土がコワイ。(汗)
売る人間がいて、買う人間がいて、買う人間が悪いのか、売る人間が悪いのか、いよいよ分からなくなる……。(凹)

中国に限らず、日本でも年々進む一方の、性交渉体験の低年齢化傾向。(汗)
どうして女性自らが、「処女」であることを恥ずかしい(現代ふうに言えば、ウザイ、キモイ)ことのように考えるように、いつから堕落してしまったのかねえ……。(凹)
性教育では性構造の違いなどだけじゃなく、昔(大昔? 汗)のほとんどの女性が持っていた、「結婚までは処女」って貞操観念を女性に教え込むことも必要なんじゃないだろか。
世の数少ない(汗)処女たちよ、男どもの性の欲望にもメゲず簡単にはパンツを下ろさない、アナタたちこそ真に乙女らしさを持った、女性の中の女性! 自身がまだ処女であることに、もっともっと自信と誇りを!!

性。~日本編~

東京都内の養護学校の教員らが、6年前、学校を視察に訪れた都議から不当な非難を受けた、と訴えていた裁判で過日、東京地裁は3人の都議と都に対して損害賠償を命じたとか。
性器の付いた人形を性教育の教材として利用していた養護学校で、都議らが、教員に向かって「感覚が麻痺している」などと批判したという事犯。
判決は、都議が、教員の名誉を違法に侵害したと認定。
また、改正前の教育基本法が禁じた「不当な支配」にも該当し、現場に職員がいながら制止しなかった、都にも賠償責任があるとした。

当時は、「男らしさ」や「女らしさ」を否定するジェンダー・フリーの運動とも連携し、過激ともいえる性教育が、全国の小中高校に広がっていた時代。
小学校2年生の授業で、絵を使って、性交などが教えられていたらしい。
性器の付いた人形が、都内80の小学校で使われていたことも明らかになり、国会でも取り上げられ、文部科学省が全国調査し、自治体も是正に取り組んだ。
都議の養護学校視察は、こうした過激な性教育を見直す動きの一環として行われたもの。

養護学校の学習指導要領解説書では、生徒の障害や発達段階を踏まえ、性に関する対応なども重視するよう求めているとか。
確かに、原告の教員らが主張するように、知的障害のある子どもたちは抽象的な事柄を理解することが困難だろうし、教材にも工夫が必要だろう。
普通の小中高校の場合と同列に論じられない、それは分かる。
しかし、だからといって性器の付いた人形の使用は、ほんとうに必要なのか……??(汗)

ちなみに、都内でも実践されているのかどうかは分からないが、養護学校では入所者の男子に1人エッチ、つまりセン○リを教える所もあるらしい。(凹)
例えは悪いが、セン○リを教えると死ぬまで続けると俗にいわれるオス猿さながら、夜な夜なセッセと励む男子もいるようだ。
快感だけを植え込む、こんな指導法、こちらも果たして必要なのかどうか??
もし、健常な悪友たちに誘われ、女性とのエッチを体験し、そして、その快感に味を占め(汗)、1人エッチでは飽き足りなくなって、もしレイプにでも及んだら……。(凹)
それで被害女性が訴えて裁判になったとしても、心神耗弱などを理由に無罪になるのは目に見えている。
被害女性には、ただ悲惨なばかり……。(凹)
予測もつかない事件が起きうる現代、せめてそんな事件だけは起きてほしくないと願うものの、考えるだけでもゾッとする。(汗)

性教育をめぐる問題、現場の意見を尊重しつつも、広く国民的な議論に基づいて進めていかなければならない……。

2009年3月27日 (金)

ガン・リスク。~ワイン?~

フランス国立ガン研究所(INCA)は2月、「アルコールの摂取は、ガンの発生を防ぐわけではない。むしろ、いくつかのガンの発生率を高める傾向にある」と発表していたとか。
これって、1日1杯のワインは健康のもと、そう信じて疑わなかった人々にもだろうけど、少なからぬ衝撃!(汗)

INCAの研究によると、1日1杯のワインを毎日飲む人は、全く飲まない人に比べ、喉頭がんや口腔がんになるリスクが、9~168%も高まるらしい。
特に、少量を毎日欠かさず飲み続けることが、もっともガンを助長すると言い、更に、赤身肉やハム、ソーセージなどの取り過ぎも注意が必要、と付け加えている。
つまり、サラミを肴に赤ワイン、そんなフランス伝統の“アペリティフ(食前酒)”のスタイルを、真っ向から否定するもの。
有機農法ブームとはいえ、若者のワイン離れが進むフランスにとって、これはなかなか“痛い”ニュース”……。

ちなみに、ガンを防ぐ食物として推奨されているのが、野菜と果物とか。
とはいえ、アルコールに野菜や果物なんて、どうも合わんよねえ……。(汗)

ガン・リスク。~赤面?~

日米の研究チームが過日、多量のアルコールを飲んで顔が赤くなるアジア系の人々は、食道ガンにかかるリスクが通常より高い、という研究結果を発表。

それによると、日本人、中国人、韓国人の約3分の1が、飲酒時に顔が赤くなる酵素欠乏症とか。
そして、この特質が、5年生存率が12~31%と、致死的な食道ガンの発病リスクを高めているのだそうだ。(汗)
同研究チームによると、少なくとも5億4,000万人に、この特質があるらしい。

自分も飲めばすぐ、顔はもちろん、全身が赤くなるタイプ。
おまけに、飲み過ぎるとジンマシンを発症する、最悪のケース。
ってことは、自分の末期は、ガン死??(汗)
ま、人間はいずれは死ぬもの。どんな原因で死ぬにしろ、苦しんで死ぬんじゃなきゃいいけどね……。(笑)

2009年3月26日 (木)

納豆入りラーメン?

090326





素材にこだわり、「日本一高い納豆」を売りにした納豆を作っている、秋田県の某納豆製造・販売会社。
秋田市内のラーメン店で、同社の「納豆汁のもと」を使った納豆ラーメンが人気となり、このほど商品化したとか。

ラーメンに入れる納豆は、香りとコクが出るように、2種類をブレンドしたもの。
パックから出して、しっかりと練り、みそ味のスープに溶かすと、独特のとろみが楽しめるそうだ。
モヤシと一緒に食べるのがオススメとか。(笑)

スープと生めん、専用納豆、ゴマのセットで、2食入り840円。
秋田市の直営店で購入できるそうだ。気になる方は、お試しを……。(笑)
う~ん、いかん! 納豆はともかく(汗)、ラーメンが食べたくなってキタァ~~。って、旧ッ。(苦笑)

2009年3月25日 (水)

ナノ?

090325



その価格に「ひとケタ間違えてんじゃねえの??」と思わず思った(笑)、インドの某大手自動車が発表した、超低価格車「ナノ」
販売価格、な、なんと、11万ルピー(約21万円)。(汗)
機能と装備の絞り込みなどで低価格化を図り、乗用車としては、もちろん世界最安。

同車、ゼリービーン(豆の形をしたゼリー菓子)型のフォルムで、4ドア、4人乗り。
後部座席の下に排気量623ccの2気筒エンジンを搭載し、最高時速は105km。ま、そんだけ出りゃ、通常の走りには何の支障もない。

同社会長、安全面で不安のある二輪車から、安全面で勝る自動車への切り替えを、インドの貧困層に促す目的で同車を開発したとか。
ベーシックモデルは手動式のトランスミッションで、エアコンやパワーウインドー、パワーステアリングなどは付いていない。
デラックスモデルも用意されるそうだ。

この不況下、需要は高いはず!
とはいえ、生産能力に限界があるようで、初年度は3万~5万台の販売が見込まれているようだ。
最も残念なのは、日本での発売は未定、ってことかも。(笑)

2009年3月24日 (火)

禁煙? 分煙?

「喫煙者はノロウィルスに感染しやすい」(日本環境感染学会)
「受動喫煙が認知症のリスクを高める」(英国医師会誌)
など、煙草の健康被害を報じる、そんな調査報告やニュースが世界的に相次いでいる。

そんななか厚生労働省が過日、学校、病院、交通機関など公共空間では「原則として全面禁煙であるべき」とする報告書をまとめたとか。
受動喫煙を防止する対策の一環で、今後、各都道府県で公共スペースでの禁煙に向けた具体的な取り組みが更に進みそうだ。

健康の視点からは、公共の場での全面禁煙は確かに手っ取り早い。
反面、禁煙ストレスに悩む喫煙者もいるとか。
ま、ストレスに悩むくらいなら煙草を止めりゃいいだろうにと思うが、愛煙家にはなかなかそうもいかないのが現実だろう。
そこで求められるのが、愛煙家のいっそうのマナー向上と実践、それとキッチリした分煙化。

ちなみに日本たばこ産業では、“『人』を分けずに『煙』を分ける”をコンセプトに、「SMOKERS' STYLE COMPETITION2009」を開催。
公共空間における快適な分煙アイデアや空間作品事例を、今月から募集しているそうだ。
喫煙者、非喫煙者双方にやさしい、理想の分煙環境が実現するのかどうか??
煙草をめぐる論争は、今後いよいよ加熱しそう……。(汗)

V2!!v(^^)v

2009年WBC、日本優勝、バンザイ~~!!
見事に、2006年の第1回大会に続いての、連覇!! やったね。v(^^)v
次は、目指せ三連覇!!!
4年後、どんなヒーローが新たに現れてくるんだろなあ……。

それにしても、今回もまたミョーなルールだったよなあ……。
次回はアメリカ有利の不公正なルールは絶対に阻止すべきだし、排除すべき!
アメリカも野球大国を自負するなら、もっとプライドを持てって!!

2009年3月23日 (月)

990円ジーンズ?

090323


「ケタ違いを、はく」
そんな印象的な売り文句と、タレントの眞鍋かをりが着こなし方をPRしていることもあって、注目を集めているのが値段、なんと「990円」の格安ジーンズ。
某激安衣料品店が、新しいブランドとして販売を展開している。

果たして、どれほどのものか??
実物を手にとった人は、「安っぽくありませんね」「実物を見てビックリ! 縫製、見た目も絶対買い」と好評のようで、着心地に満足を語る声も……。
なかには、「薄い、すげー薄いぜ。糸とかすぐ、ほつれそう……」と苦言を述べる人もいるが、とはいえ、それでも当人も「990円なら買う」と言う。(笑)

ま、確かに冒険(?)しやすい、990円という価格。
外出着にも、部屋着にもなる、着こなし自由なジーンズ。
この不況下、試してみたい! と思わせる条件は十分かも。

2009年3月22日 (日)

秘密の花園?

人間の三大欲のひとつということもあって、「性」をテーマとした芸術は、いつの時代もなくなることはない。
中国の若き油彩画家、曽科(ズン・コー)も、その1人。
同氏の描く花卉の連作絵画は、後天的に認識される社会通念や常識感覚によって、多くの人間が意識の表層から本能を覆い隠してしまう中、性に関する欲望や妄想を作品に昇華させ、見る者にひっそりと暗示すると評される。

090322



複雑に入り組んだ曲線や、立体感を持つ、花卉を大胆にクローズアップ。
その全体像というよりも、核心の部分だけを取り出して描いた作品群は、花そのものの優美さを表現するにとどまらない。
同氏の作品を見て、多くの人はズバリ、女性の生殖器官を連想するに違いない。かく言う自分も、思わずコクリと……。(滝汗)

幾重にも折り重なるバラの花弁の奥に潜むのは、官能の世界であり、カラーの花から滴る水滴は、こぼれ落ちる情欲のようであり……。
氏の一連の花卉の連作を見る時、誰の意識の奥にもひっそりと眠る秘密の花園の鍵が、そっと開けられるかのような悦びと不安が交錯する思いも……。(汗)

桜の季節?

♪若く明るい 歌声に
 雪崩は消える 花も咲く
   ~往年の名曲、「青い山脈」より~

この歌で咲くのは、「雪割桜」
高知県の山里では、まだ雪が降る2月に咲き始める、ツバキカンザクラを「雪割桜」と呼ぶとか。
今年は例年より2週間ほど早く咲き、先月20日過ぎに満開になって、多くの観光客が訪れたそうだ。

また、「○割桜」といえば、東北、岩手県盛岡市の「石割桜」も思い浮かぶ。
今頃は、芽を膨らませる準備をしていることだろう。
大きな庭石の割れ目に、エドヒガンザクラの種が飛んできて、芽を出したのは350~400年前といわれる。
花こう岩を割くようにして、幹を太らせてきた。
しかも、割れ目は現在も少しずつ広がっているらしい。
岩をも分かつ、桜の生命力に、あらためて感嘆しきり……。(汗)

ところで、まだ3月下旬になったばかりというのに、各地では早くもソメイヨシノの開花宣言が相次いでいる。
こちらでも数日前、開花宣言がされた。
日本全国、確実に桜の開花、桜の季節は早まっているようだ。
地球の温暖化がこのまま続けば、日本には桜が開かなくなることも危惧されている。(汗)
国の花、桜が消えてしまう日本には、絶対にしてはならない!! 強く思う。

2009年3月21日 (土)

1ヵ月分?

「婚約指輪は、給料の3ヵ月分」
自分らの時代には「伝説」ともいえるほど「定番」だったが、最近は30~40万円、「給料1ヵ月分」が相場なんだとか。
某結婚情報誌が全国7,366人を対象に実施した、「結婚トレンド調査2008」による調査結果だそうだ。

それによると、婚約指輪にかける費用の平均は、首都圏で37.4万円。
調査を開始した1994年がもっとも高く、55.8万円。95年には50.5万円、96年から97年は40万円後半と、減少傾向。
ちなみに、01年以降は30万円後半で推移しているらしい。

そもそも、「給料の3ヵ月分」を提唱したのは、ダイヤモンドで有名な、南アフリカ共和国に本社を置く某社。
1970年代、販売促進のキャッチフレーズとして使われたもの。
確かに、バブル景気の頃は、ちょっと無理すりゃ普通のサラリーマンにも買うことができた。
もっとも、長びく不景気下で給料もなかなか上がらない昨今、やっと1ヵ月分、ってのが現実的なラインといえるのかもしれない。

婚約指輪の定番といえば、1粒ダイヤの「ソリテア」。同調査でも、購入者の4割が選んでいるそうだ。
ところが最近は、細かなダイヤが指輪全体に密集した「パヴェ」や、土台にも小さなダイヤをあしらった「メレ」というタイプが人気を呼んでいるらしい。
質や大きさにもよるだろうが、1粒ダイヤに比べて、少し割安になるとか。

そんな指輪価格の相場が下降傾向に対し、さぞ女性は憤っていることかと思いきや、前出の某誌編集部によると――
「最近は(婚約指輪も)いろんなタイプがあり、女性のほうも、ダイヤの大きさより、デザインや好きなブランドを重視する傾向にあるようです」
とか。
最近の女性は意外と物分りがいいんだぁ……。
ってか、結婚前の女性って、爪を隠した虎のようなもんだしね。本性を現す結婚後が怖いゾォ~~。(笑)

2009年3月20日 (金)

ギネス級?

090320



総額5億円超といわれる費用もさることながら、「格差結婚」と話題を集めた挙式から2年、ついに(笑)陣内智則と藤原紀香の離婚が確定的に。
原因は陣内の浮気とDVなんてのが取り沙汰されてるけど、ま、紀香のイメージ保持もあるだろうし、真実は藪の中……。

芸能関係の話題なんて自分的にはお呼びじゃないけど、オヤジ的に気になるのは下世話ながら(汗)、陣内って果たして紀香と何回エッチしたんだろ?? ってこと。(笑)
ま、結婚費用のほとんどは紀香が出してるんだろうけど、5億円の巨費と結婚日数から単純計算(笑)しても、イッパツ当たり、かなりの高額になりそう……。(凹)
しかも天下の超売れっ子女優、さすがに結婚生活はほとんどスレ違いだったようだし、結婚生活2年とはいえ、夜の夫婦生活はほんの数ヵ月だろうしね。
また紀香との夜の夫婦生活も毎回ヤレるわけもないし、となると紀香とのエッチ回数も数えるほどってことになりそうだし、イッパツ、ン十万円?? いやいや、もしかして、ン百万円??(汗)
それはともかく、陣内の浮気も、紀香とヤリたいときにヤレない、そんなウップン晴らしと男目線的にはいえそうだしね。(汗)

いずれにしろ、エッチの回数は少なかったとしても(笑)、紀香とヤッた芸人としては、芸能界では大きな自慢といえるかも……??(笑)
陣内もこれからは、ギネス級の紀香との高額エッチを自虐ネタにしたりして……??(笑)

モテ30?

交際費の削減が影響しているってこともあるのかもしれないが、30~40代サラリーマンの夜の足(笑)が最近、キャバクラから別の店にシフトしているらしい。
それも、20歳前後のキャピキャピ・ギャルがいっぱいの街中のガールズバーなどではなく、少し街はずれの30歳前後の女性が中心の店とか。
大人の雰囲気があって、同級生と飲んでるようで、落ち着くんだそうだ。
料金は、1時間5,000円前後。街中のキャバクラよりはちょい割安かも。(笑)
某風俗ジャーナリストによると――
「川崎のソープでは客が入らず、苦肉の策で20代女性から30代女性に入れ替えした途端、前より繁盛した店があります。20代後半の若い客も増えて“年上に癒やされる”と評判がいい。かつての熟女ブームじゃないけど、男たちの視線は30代オンナにシフトしてますね」
とか。
時代の風は今や“熟女”へ……。(笑)

ちなみに雑誌業界でも、写真をふんだんに使った“R35”人妻モノが、10万部を完売したそうだ。(汗)
まさに、30代の女たちは各方面でモテモテ。
ま、アラフォー世代より若い分、ポイントも高い、ってか。(笑)

2009年3月19日 (木)

とりあえずビール?

「とりあえず全員ビールで!」
不況とはいえ、新入社員の歓迎会は職場の恒例行事。
早い職場ではもう開いてるところもあるだろうし、夜のチマタのあちこちで、そんな声も聞こえてきそうな……。(笑)

ところで、この“とりあえずビール”、いったいいつから定着したんだろ??
ビールに関する著書も持つ、某ビール研究家によると――
「ビールは、昭和30~40年代の高度経済成長とともに大衆化が進み、庶民の日常的な飲み物になりました。“初めの1杯はビールで”という風潮が出てきたのも、その頃。当時は、日本酒を冷やで飲む習慣があまりなく、燗をつけるとなると、時間がかかっていたんです。そこで、大勢で乾杯したい時には、一番手っ取り早く、一気に出てくるビールが好まれたのでしょう」
とか。

ま、確かに、初めの乾杯は、スムーズに行きたいもの。
みんながビールを頼むなかで、1人だけ熱燗を頼んだら、「空気の読めないヤツ…」なんて思われちゃうもんね。(凹)
それに、まだ何も食べていない状態で、アルコール度数の高いお酒を飲むと、内臓に負担がかかり、すぐに酔いがまわってしまう。(汗)
その点、日本のビールは、アルコール度数が4~5%程度と低く、初めの1杯には最適らしい。
つまり、乾杯だけ飲酒に付き合うというような酒の苦手な人にも、ビールはとても適しているようだ。
また、ビールに含まれる炭酸や、ホップの苦みが胃腸への刺激となって、食欲を増進させる効果もあるそうで、食事をおいしく楽しむという意味でも、最初にビールを飲むのはオススメなんだそうだ。

体に負担をかけないうえ、食欲も増す、そして陽気に高揚できる飲み物、ビール。
春本番! ビールも本番! って、ビールの本番には、さすがにまだ早いか。(汗)

2009年3月18日 (水)

HRP-4C?

0903181







身長、158cm。体重、43kg(バッテリー含む)。
え!? バッテリー??
何だ!? と思ったら、人間型ロボットとか。名前も、「HRP-4C」(笑)。

某研究所が開発した新型で、「日本人人体寸法データベース」を参考に、日本人の青年女性の体型を再現。
女性の、リアルな顔を持つ頭部も備わっている。(汗)
関節位置なども実際の女性の平均値を参考にしており、人間に極めて近い動作を実現したそうだ。

人間のシミュレーターとして、機器の評価などへの応用も可能とみられ、今後、展示会やイベントなど、エンターテインメント分野での応用などを期待されている。
ちなみに3月下旬、某ファッションショーの1つに、出演が予定されているそうだ。

それにしても、幼い顔立ちながら、かなりリアル……。(凹)
今後、更にいろいろな改良が進み、ボディーも金属ムキ出しじゃなく女性特有の肌の質感と変わりないコーティングがほどこされ、服を着せりゃ遠目からは実物の人間とほとんど差がなくなって、販売価格も手頃になってきたら、世のセックスレス男子は、生身の女性よりもロボットに走ったりして……??(凹)
0903182








なんか不思議なのは、170cmを超える長身の女性をザラに見る昨今、それでも今だに日本人女性の平均身長は160cmに満たないなんてなあ……。
ま、昔の日本人体型の自分からすりゃ、170cm超の女性って、まさに大女だけどね。(笑)

2009年3月17日 (火)

何コレ?

ファッションや美容に関する種々のアイテム、女性にはお馴染みの商品でも、男性にとっては聞いたこともない、聞いたことはあるけど何だか分からない……。
そんな商品は数多いもの。(汗)
ってことで今回、Web上の、男性が「コレって一体、何なんだ?」と思う女子用アイテムのランキングから。

何だか分からない女子用アイテムランキング――
1位、エメリーボード
2位、コフレ
3位、ブーティー
4位、スカルプチュア
5位、シュシュ
 ※6位以降はコチラ↓から。『goo ランキング』
  http://ranking.goo.ne.jp/ranking/028/girlsgoods_male/

1位は、「エメリーボード」
ま、この商品に限らず、自分には見たことも聞いたこともない名前がズラリと並んでいるが(凹)、このアイテム、ネイルケアの際、爪の形を整えるために使う板状の爪やすりのことだそうだ。
爪切りで爪を切ると二枚爪になりやすいことから、ネイルサロンなどではもちろん、自宅での手入れでも使う場合もあるらしい。
最近はネイルケアする男性も増えてるようだし、女性だけでなく、もしかして男性にとっても必須のアイテム??(凹)

2位は、「コフレ」
フランス語で、「小箱」や「宝石箱」という意味とか。
小さなサイズの化粧品や香水などが、かわいいポーチに入ったセットのことで、クリスマスなどのイベントの際には、様々なメーカーからコフレが販売されるようだ。
つまり、男性が買って、女性にプレゼントしろってか??(凹)
限定のコスメが入っている場合も多いらしく、そんなコフレを楽しみにしている女性も多いそうだが、男性には意外と知られてないってところがミソかも。(笑)

3位は、「ブーティ」
2007年頃、レギンス(?)やカラータイツとともに流行し、今や女性には定番ともいえるモノらしい。
くるぶし丈くらいの、短いブーツ、だそうだ。
そういや自分が中学生くらいの時、そんなブーツが初めて(と思うけどなあ……)登場し、カッコよさに晴天の日でも履いて通学してたもんだなあ……。(爆笑)

その他、「スカルプチュア」や「シュシュ」など、女性にとっては日用品でも、まるで分からん~~。(汗)
ってか、ランキング20位のうち、自分が分かったのは17位の「アンクレット」、19位の「チーク」、わずかに2品。(凹)
とはいえ、オヤジにしては上出来かな??(笑)

オリジナル作品ご案内。

090317





自分の拙作詞『偉大なる導師』、板見信一さん作曲・編曲、中川芳郎さん・歌唱にて楽曲が公開されました。
下記サイト↓(NEXT MUSIC“中川芳郎”)より、お聴きいただけたら幸いです。
 http://www.nextmusic.net/index.php?command=profmusic&profid=20090315193904

2009年3月16日 (月)

消えゆくもの……。(凹)

「ふと見れば 少し前まで 使ってた ぽつんとそこに 公衆電話」(汗)
    ~今年の「現代学生百人一首」入選作品より~

数年前、創作4字熟語の入選作に、「荒愁電話」というのもあった。(凹)

携帯電話が普及して、街角の風景を変えた。
更には、会話の景色も変えた。
携帯同士の若者の会話に、敬語はまず出てこない。話したい人が出るに決まっているから……。

以前、公衆電話は人々、特に中高生にとっては、特別なものだった時代がある。
異性の友だちの家に電話すると、たいてい親が出る。
「あの、その、○○さんを……」
何度か電話するうちに、敬語の使い方も自然に覚えたものだ。(微笑)

そういえば、東京の大学などに通う地方出身者が故郷に公衆から電話するときは、ポケットいっぱいに硬貨が必要だった。(汗)
硬貨の枚数で知る、遠い故郷。
そんな遠い故郷との往復には当時、主に使われたのは寝台特急。
帰省するときは故郷にゆっくりと近づき、上京するときはゆっくりと遠ざかり、故郷をかみしめることができた。
近づく際の心拍数上昇と、遠ざかる際の切ない気持ちを、寝台特急が脚色してくれたともいえる。

過日、九州と東京を結び、その車体カラーからブルートレインと呼ばれて親しまれた寝台特急、「はやぶさ」「富士」が最後の運行を終えた。
赤・青(緑)・黄の公衆電話と、九州から消えた青い寝台特急は、どこかで記憶が連結する。
後を継ぐ文明の利器たちは、目的の「相手」と「場所」にサッとつれていく。
技術の進化は、失いたくないものまで過去のものにしてしまう。
補う知恵は細りがち……。それが、もどかしい。(凹)

2009年3月15日 (日)

アルコール食品?

飲酒運転をしたとして道交法違反(酒気帯び運転)の罪に問われた60歳の男の判決で過日、甲府地裁が「奈良漬を食べたとする被告の弁解は信用できない」として、罰金253万円(求刑罰金30万円)を言い渡したそうだ。
警察官が実際に奈良漬を食べて呼気検査した、実験結果が有罪の「決め手」になったとか。

最近、酒気帯び運転の言い逃れに、「奈良漬を食べた。酒は1滴も飲んでない」と供述するなど、奈良漬が“悪用”されるケースが相次いでいるらしい。
ま、確かに奈良漬やウイスキーボンボンなど、食品のなかには微量とはいえアルコールを含むものがある。
苦手な人は、匂いをかいだだけで酔っ払う、なんて話も聞く。(汗)

警察庁によると、道路交通法で酒気帯び運転と規定されるのは、呼気中のアルコール濃度が1リットル当たり0.15mgを超える場合とか。
分かりやすく(?)、例えばウイスキーボンボンだと、いったい何個食べればこの基準に届くのか??
アルコール健康医学協会の簡易的な計算式によると、体重60kgの人の場合、46個で呼気中アルコール濃度は約0.15mgに達するそうだ。
ただし、これはあくまで理論値。とはいえ、それだけ食べれば本当に酔ってしまいそうというか、気分が悪くなりそうだよね。(汗)
ちなみに、ウイスキーボンボンを大量に食べれば方向感覚を失うほど酔うことも、可能性としてはあり得るらしい。
つまり、事故を起こす危険性があると判断されれば、酒気帯び運転より罪が重い“酒酔い運転”で取り締まりを受けることも考えられるようだし、くれぐれもご用心ご用心。(笑)

酒酔い運転は、アルコール濃度の数値に関係なく、「アルコールの影響により通常の運転ができないおそれがある場合」に該当するという。
早い話、酒を飲んでいようがいまいが、飲酒検問でアルコールが検出され、警察官が危険と判断した時点でアウトということに……。(汗)
酒酔い運転の場合、即時免許取り消しに加え、「5年以下の懲役又は100万円以下の罰金」という厳罰。それで交通事故を起こせば、問答無用で逮捕・収監だ。(滝汗)
まさに、「知らずに食べた」で死亡事故を起こせば取り返しがつかない。(凹)

注意が必要な食品の、「食品に含まれるアルコール分の概算」表は↓下記サイトから。
酒に弱い人は要チェック!!
 http://r25.jp/b/honshi/a/ranking_review_details/id/1112009021915?vos=nr25nn0000001

2009年3月14日 (土)

週3回以上?

過日、性交渉が健康に与える影響に関する記事を、中国の某紙が掲載。
それによると、週3回以上性交渉を持っている人は、見た目が実年齢より12歳も若くなるとか。
ほんとにィ~~??(汗)

伝統的な中国医学の考え方では、頻繁な性交渉は陰の気、陽の気、双方を損ない、男女双方にとって望ましいとは考えられていなかったそうだ。
ところが、現代医学では異なる見方を示しているらしい。
ちなみに――
①、英国で男性1,000人を対象に10年間の追跡調査を実施したところ、週2回以上性交渉を持った男性は、月1回以下の男性と比べ、若死にする確率が半分だったとか。
  また、冠状動脈疾患、中風、脳血栓になる確率も半分だったそうだ。スゴッ!
②、性交渉は、乳がん発生率を減少させることも判っているらしい。
  特に、出産したことのない女性には、より大きな効果が見込めるのだとか。
③、射精は、前立腺がんの発症率を引き下げるともいわれている。
  平均で週3回の射精があれば、発症率は15%減少するそうだ。
④、風邪への抵抗力が増すことも判ったとか。
  週1、2回の性交渉で、人体のウイルス抵抗能力を30%も引き上げるらしい。
⑤、そして、何よりも注目されるのが、アンチエイジング効果。
  3,500人を対象とした調査結果によると、週2回の性生活を送っている人は、実際の年齢より7歳以上若く見えるとか。
  週3回になると、12歳も若く見えるという、驚きの結果が判明している。

なんとも男にも女にも、まさにイイことずくめの性交渉。
折りしも今日はホワイトデー、世の多くのセックスレス男女諸氏、今夜からお互いに気持ちを入れ替えて(笑)、ハッスル、ハッスル!!
やがては少子化の問題も解消……。日本、バンザ~イ×3!!

2009年3月13日 (金)

商標権?

早稲田大学が、創設者「大隈重信」の商標権を福島県の食料品業者に“横取り”されて、大騒ぎになっているとか。
マヌケな話ともいえるが、もし特許庁がこの出願を認めれば、以後、早大が酒類を販売する際にはこの業者の許可が必要になる。(笑)

ところで気になるのは、商標権を持っていると、どのくらいの商売になるんだろ??
ネーミングライツ(命名権)など、商標権問題に詳しい某ジャーナリストによると――
「早大野球部のエースで、かつての甲子園のヒーロー、斎藤佑樹投手のニックネームの“ハンカチ王子”のケースでは、権利を売る場合500万円以上とされています」とか。
過去、あの青いハンカチの製造元がハンカチにこのネーミングをつけようとしたら、既に某商事が商標権を持っていたため、使用を断念したという経緯もあるそうだ。(汗)

ちなみに、大隈公は、数百万円程度。
また、慶応大の創設者、福沢諭吉も同様
商標権などの使用料は、使い道や期待できる売上高、使う側の企業規模などによって異なるそうだが、歴史上の人物の相場は概ね、その程度らしい。

しかし、これが企業の商品となると、ケタも違ってくるようだ。
他社が某社の「タフ○○」を使った場合、使用料は1,000万円。
某社の「○○・コーラ」になると、商標権の価値は30兆円にもなるとか。スゲッ!!(汗)
スタジアムなどに愛称をつけて集客効果を狙うネーミングライツは、億単位。
某製紙グループが昨年から使用している某県営球場は、3年契約で、年2億5,000万円だそうだ。

なお、あの「篤姫」は某放送局が06年5月、「大河ドラマ篤姫」で出願、商標登録を済ませているとか。
自治体が幟やポスターに使う場合、製作費の6%、焼酎や日本酒、ジュース、文具などでは小売価格の3%を支払うことになるわけだ。(凹)
さすが日本唯一、天下の公共放送局、儲かることに関しては抜け目がない。(笑)

2009年3月12日 (木)

職場おやつ?

職場も家庭も、節約・倹約が励行される不況下の昨今。
とはいえ、職場で仕事の合間に食べる“おやつ”は少々例外らしい。
いわゆる“職場おやつ”。(笑)
その定着ぶりは、以前から各種の調査結果などで伝えられていたそうだが、近年、有力な市場として、あらためて注目されているようだ。

某菓子メーカーが首都圏や近畿、九州などで展開しているオフィスでの配置方式が、オフィスの支持を受けて躍進。
某会も、配置菓子サービスやオフィス需要を意識した、スイーツ専門カタログを提供を開始。
複数の某通販商社は、オフィス通販カタログの、おやつアイテムコーナーを充実させた。

小腹を満たすだけでなく、ストレス軽減やコミュニケーションツールとしても手頃で手軽な、職場おやつ。
話題の菓子、新製品、ご当地物、有名店の名物等々、配置菓子やカタログが提供する多彩なアイテムは、職場に楽しい話題を提供する役割も担っているのかも……。

ま、美容・健康面から食べ過ぎは要注意だろうが、食べるのはもちろん、選ぶのも、買うのも、リフレッシュの一環となる職場おやつ。
さて、明日のアナタの職場おやつは何??

2009年3月11日 (水)

JK。~スカート丈~?~

090311







以前、雑誌やテレビで「全国一、女子高生のスカート丈が短い」と報じられた、新潟県。
改善に向けて本格的に取り組む中で、「上から命令するのではなく、生徒自身にも考えてもらいたい」という意図からも製作したポスターが、話題になっているとか。

ま、幼児や小学生ならともかく、女子高生に限らず最近の女子のスカート丈の短さは、確かに異常だよねえ……。
しゃがんだり、階段を昇っていたりすれば、パンツがモロ見えになるのは必至。(汗)
パンツとはいえ見せパンだろうし、別にそれを隠そうともしないんで、「お!」なんてオヤジが思わずつい目をやれば、「変態!」「スケベ!」と冷たい視線が返ってくる……。(凹)
だったらあ~、股下数センチといったほうが分かりやすいような、そんな丈の短いスカート、最初から履くなっての!!(怒)
そもそも見せパンって、見せるためのパンツ、見られてもかまわないってパンツだろ!!!!!(激怒)

また、自分らの時代にはありえなかった、パーマに茶髪に化粧……。
素が一番輝いている十代の時期に、何を自ら好んで髪や肌を痛めつけたがるのかねえ……??(凹)
時代が変わり、価値観が変わったとはいえ、「今しかできないんだから、いいじゃない」と容認するのは間違っている。
今しかできないことは、もっと他に重大なことがあるはずだ!!(憤)

あ~、ちっとスッとしたあ~~。(笑)
とはいえ、スカート丈が昔みたいに長くなったら楽しくないなあ……。って、こらこら!(汗)

JK。~エアホワイトデー?~

彼女がいなくても、ネット上で女子高生とデートしている気分が味わえるという、「エアホワイトデー」なる企画がホワイトデー当日、3月14日に行われるそうだ。(凹)
某“現役JK(女子高生)”が運営するブログで3月14日、午前0時から2時間おきに架空の男性、つまり読者の「貴君」とデートする様子がブログられていく……。(汗) 14日、午後12時まで、計12回更新される予定とか。
ホワイトデーの予定がないという非モテユーザーも、ブログを読めば女の子との空想デートが楽しめる。ってわけらしい。

また、非モテ系の某ブログでは、同JKのブログで紹介する空想デート案を募集中だそうだ。
なお、ホワイトデー当日は、都内でオフ会を開く予定らしい。
ブログ開設者は「とにかく飲んで、騒いで、寂しさも虚しさも、すべてぶっ飛ばす」と威勢はいいようだけど、空想デートにこれほどアツくなってるなんて、なんか余計に寂しいし虚しそう……。(凹)
そんな空想デートにかける情熱をリアル社会にまわせば、女子の1人くらいは落とせそうだけどねえ……。
世の若者よ、いまこそ狼に豹変の時!!

2009年3月10日 (火)

ねこまんま?

090310





ある料理本が火付け役となって、今、“ねこまんま”が注目されているそうだ。
ねこまんまといえば「白いごはんに鰹節と醤油」が王道(笑)ともいえるが、バター、カップ麺、揚げ玉、ケチャップなど、家庭にあるもので美味しく食べるアイデアが満載の本とか。
不況が続く中、1食約30円というリーズナブルさや、火を使わず、おおまかな分量で簡単に作れる手軽さなどが受け、発売から1ヵ月で2万冊以上が売れているらしい。

そういや自分も昔、親に叱られながらも、ごはんに味噌汁をぶっかけて、よく噛みもせずズルズルとイッキにかきこんだもの。(汗)
卵ベースでバリエーションが限られる卵かけごはんと違い、アイデアと工夫次第でごはんの可能性が無限に広がる(ちと大袈裟? 笑)節約レシピともいえる、ねこまんま。
自分のトシにもなりゃ(汗)イッキにカッこむのは身体に好くないだろうけど、明日の朝は久しぶりにねこまんまでもやってみようか……。(笑)

歌ってくださる方、よろしくお願いします。

343









自作の詞に、ネット上で作曲活動をされている、板見信一さんの作曲・編曲による『偉大なる導師』の曲(カラオケ)作品が下記サイト↓にて公開されました。
 http://homepage2.nifty.com/105/newpage5_5.htm

    偉大なる導師

  すべての人が 救われなくば
  我が身なおさら 仏とはならぬ
  真の悟りは 無間(むげん)の闇か
  途(みち)を求めて 比叡を下りる
  善人なおもて 往生をとぐ
  いわんや悪人をや 南無阿弥陀仏
  菩薩夢告に 生きとし生ける
  親鸞聖人 孤高の導師
     (※参照。一コーラスのみ)

同様にネット上で音楽活動(歌唱活動)をされている方で、歌っていただける方があれば、ご連絡いただけたら幸いです。
なお、曲と併せて、歌詞(全コーラス)も同上サイト↑にて公開されています。
どうぞよろしくお願いいたします。

2009年3月 9日 (月)

期限?

「お母さん、すぐに飲むのに、なぜ一番新しいものを取るの?」
大学生の娘とスーパーに買物に行った、主婦。
陳列棚の前列ではなく、奥の方から新しい牛乳を取って、その娘にたしなめられた。
    ~某朝刊の記事より~

より新しい牛乳をみんなが選べば、当然ながら棚には古いものが残る。
結果、廃棄処分になるものも少なくないだろう。(汗)
早い話、賞味・消費期限内に飲んだり食べたりしてしまうものなら、古いものから取っても問題はないってことだし、無駄になる商品も減らせる。もしかして、無くせるかも……。
どうにも賞味・消費期限にやたら踊らされてるような我々……。(凹)
その娘さんの合理的な考え方に、確かに! と、あらためて目がさめる思いにさせられる。(滝汗)

スーパーなどでは、棚の奥から商品を取る。
それが賢い買物の知恵であり、やりかたといわれ、自分自身もそれを長らく実践してきた。(汗)
だが、牛乳の生産者、店の経営者、客同士、それがもし知り合いだったら……。
たぶん多くの人が、周囲のことを思いやって、自ずと古い牛乳から手に取っていくのではないだろうか??
今の社会、今の日本人、足りないのはそんな視点、気持ちだろう。(凹)

2009年3月 8日 (日)

ファッション考。~デコ服?~

090307







携帯電話をキラキラのクリスタルやリボン、レース、小さなテディベアなどで装飾する()、いわゆる「デコ電」
みんなと同じ携帯電話が、1点ものになる。塗装が剥がれた携帯も、キレイに生まれ変わる。
そんなこんなで(笑)、幅広い年齢の女性に人気を呼び、女性には今や定番アイテムともいえそう。
更には、手鏡、小物入れなど、いろんなものを「デコる(デコレーションする)」のが流行り、最近では、洋服をデコる女性も増えているそうだ。(汗)

手持ちのシンプルなTシャツやジーンズに、ワッペンやバッジ、ビーズをつければ、新たに服を買わなくても、オリジナル服に早変わりする。
古着やカジュアル衣料店で服を安く調達し、簡単にカスタマイズ。
ワッペンやバッジなら1,000円くらいで買えることからも、客層は、小学校高学年~中学生が中心。とはいえ、に、20~30歳代の女性も買っているそうだ。
ちなみに平均客単価は、2,000円。単価が安いので、まとめ買いする人が多いらしい。
この不況下、財布にやさしいオシャレは、まさに時代に即したトレンディといえるのかも……。

ファッション考。~タックイン?~

上着を脱ぐ季節ともなると街中で目にすることも増える、フツーのオヤジのフツーのシャツにフツーのジーンズ姿。
しかも、シャツをパンツ(この記事での「パンツ」とは「ズボン」のことです。念のため。笑)にイン。
自分らの時代には当り前の格好だったけど、シャツや体操服などを外に出して着ていた世代から見ると、逆にカッコ好く映るらしい。(笑)

シャツをパンツにインするスタイル。タックインというとか。(汗)
そんなタックインを、女子の視点から見ると――
「姉の彼氏を紹介されたとき、彼がシャツをインしていたのを見て、とてもとても安心しました。悪い人じゃないと思えました」(30歳)。
「基本的には好きです。でもかっこよく着こなしている人は少ないですね」(26歳)。
など、おおむね好印象らしい。

もっとも、少数ながらも厳しい反対意見もあるようだ。(汗)
「カジュアルなのに、スーツと同じ感覚でインしている勘違いな人ばかり。もう少し工夫してほしいですね」(31歳)。
「素敵なタックインを見たことがありません。昔、合コンでTシャツをインしている金融系の人がいて、さすがに引きました…」(27歳)。
さすが、女子の目線は厳しい。(凹)

それにしても、そもそもシャツって入れるもの?? 出すもの??
シャツの歴史というか、シャツは古代ローマからあったらしい。
当時は頭から被る、チュニックのような形だったようで、だんだんと変化していき、現代の形に近くなったのは19世紀。折り襟が付けられたのも、この頃とか。
そして元来、シャツとは下着に分類されるものだったようだ。
19世紀のヨーロッパには今のような下着は無く、シャツの裾の前と後ろを股の下でボタンで留めていたそうで、それが下着だったそうだ。
つまり、シャツとは元来、タックインするべきもの。
ま、早い話、シャツが下着であったと考えると、シャツを出すのは下着を出して歩いているってことだもんね。(笑)

昔は暗黙的に、“シャツを入れる⇒キチッとしている”という図式(笑)が確かにあった。
自分が子供の頃は、「シャツを出してると冷えて、おなかが冷える!」と、よく言われたもの。
で、当時は肌着をパンツ(あ、このパンツは下着のパンツです。汗)の中に入れてたなあ。
昔は自分も素直だった。うん!(?)
そういや昔は、女性のパンツ(あ、これも下着のパンツです。笑)もヘソまで隠れるものばかり。

いつからかヘソを出すビキニが当り前になって、昨今では後ろから見りゃケツの割れ目がハミ出して見えるし、ま、まさに“ショーツ”とはよくいったもので、今や女性のパンツの布は極少サイズの超ビキニばかり……。(汗)
ま、最近のブーム(?)なのかどうかは分からないけど、昔と違い、パンストを履かずにナマ足に下着(もちろん、ビキニ・パンツ。むふっ)の女性が多いし、男目線で考えりゃ、脱がせやすくてイイってとこだろうけどね。(笑)

おっと、また話が横道にそれてしまったが(汗)、80年代頃から、シャツを外に出すことが一般的というか主流に……。
結果、“シャツイン=ダサイ”という図式に逆転。
それが2000年代になって、男性のファッションシーンも多様化、オシャレにタックインできるアイテムや着こなしが普及してきたようだ。
どちらのスタイルを選ぶにしろ、それはアナタ次第。(笑)

2009年3月 7日 (土)

弁当パパ?

090309





先の見えない不況の影響からか、職場に手弁当を持参する“お父さん”の割合が5割を超えているらしい。
某食品・調味料大手が、首都圏・関西圏の幼稚園・保育園に通う子供を持つ男性(20-50代)を対象に行ったアンケートで明らかになったとか。
毎日(週5日)持参する人も3割に上り、手弁当は着実に浸透しつつあるようだ。

同調査によると、手弁当を持参するようになった最大の理由は、「昼食代の節約」が81%と断トツ。
ちなみに、「いままで市販の弁当を毎日注文していたので、食費がかなり浮く」「給料から昼食代を引かれない(で済む)」。そんな切実な声が多いらしい。
なお、以下、「手作りの方がおいしい」(30.5%)、「健康を意識して」(29.2%)。

料理研究家で某管理栄養士によると――
「不景気がきっかけとはいえ、手弁当は昼食代だけでなく、(食べに行く)時間の節約にもなり、忙しくて昼食を食べずに済ませるという“欠食”も防ぎます」
手弁当の効果(?)は昼食代を節約するだけではないようだ。

また、朝の限られた時間でバランスのとれた弁当を作るには、前の晩の残り物を使うのが効率的とか。
これまで廃棄していた残り物を利用できるうえ、朝の弁当作りを前提に夕食を作る習慣が根付けば、夜の外食も減るというオマケもつく。(笑)

それに、思わぬ“副産物”もあるようだ。
アンケートでは、「離れていても、子どもたちと一緒に昼ご飯を食べている気がして、つながりを感じる」「自分のために弁当を作ってくれる妻の想いに、感謝する気持ちがもてる」という回答もあったそうだ。
子供のついでに亭主の弁当を作れば、無駄はなく、手間も変わらず、家族のつながりにも貢献できる。
ひとつの弁当を通して、その家庭の価値観、暮らし方が何となく見えてきそうな……。(微笑)

参考までに、理想的な大人の弁当の配分は、「弁当箱の半分がご飯、残りの3分の1が肉、魚などタンパク質、残り3分の2が野菜」だそうです~~。
ただし、野菜も煮物ばかりでは塩分過多。ゆでたり、酢の物にすると味のバランスがよくなるそうだ。パッと見て色がきれいなら、バランスのよい弁当だそうだ。
それに、弁当箱は大きさが決まっているので、食べ過ぎを防ぎ、カロリーコントロールもできる。
塩、砂糖、油の取りすぎが防げて、メタボの解消や生活習慣病の予防に役立つ。
まさに、いいことずくめの弁当作り。世の主婦の皆さん、ファイトッ!!

2009年3月 6日 (金)

ありえない!~イギリス編~

「ウチの子どもが悪夢を見てしまうだろ!」
「彼女を見たウチの子どもが恐怖におののいている! どういうキャスティングをしているんだ!?」
「寝つきが悪くなるのでやめていただきたい!」
イギリスの有名放送が放送している、子ども向け番組。
その女性司会者として、生まれながらにして片腕が不自由な障害者を起用したところ、多くの視聴者から苦情が殺到しているそうだ。
内容は上記どおり、ほぼすべてがバーネルさんの容姿に関するクレームとか。(憤)

このことをイギリスのマスコミ各社は、「障害をもった同女は、差別的で不穏なキャンペーンの犠牲者になった」と、同情を示す報道を展開。
ま、フツーに考えれば、ジョーシキ的にも当たり前のこと。
ところが、障害者にとってイギリスはけっこう手厳しい国だという。
実際、イギリスに留学経験がある人によると、イギリスは外国人はもちろんのこと、障害者に対して厳しい態度に出る人が多いと感じたそうだ。(滝汗)

今の時代、障害者がテレビに出ていることが苦情の対象となるとは、経済的には先進国でも、精神的にはかなりの後進国といえるイギリス!(憤)
当の女性、苦情の数々に対して、「障害について話すきっかけとして私を使ってくれたら、それは素晴らしいことです」と公式コメントをしているとか。
身体は不自由でも、心は健全で寛大な彼女を、身体の健常なイギリス人をはじめ世の人に見習ってほしいもんだ!!

ありえない!~アイルランド編~

交通違反の常習者は、実は「運転免許証」……。
?????(笑)

アイルランドで、交通違反を50回も繰り返したポーランド人がいた。
名前は、「PRAWO JAZDY」。もっとも、住所が毎回違う。
?????
謎が謎を呼んでいたところ、実はこの名前、ポーランド語で「運転免許証」の意味であることが判明。
交通違反のポーランド人を摘発するたび、警察官は免許証の右上に書かれた「運転免許証」の文字を名前と勘違いしていたのだそうだ。(笑)

アイルランド警察の、何とも間抜けな話。(汗)
とはいえ、労働者の1割を外国人が占めるという、アイルランド。
労働力を外国に求めた国の実情が、免許証にも垣間見える事件ともいえる。(凹)

少子高齢化のこれからの日本も、まるで無縁ではない。
インドネシアからは、看護師と介護福祉士候補者の受け入れも始まった……。
日本をどんな国にするのか、もっと議論が必要な気がする。

2009年3月 5日 (木)

ぽん酢顔?

ふた昔ほど前に流行った言葉で、現在ではもうすっかり死語となっている、「しょうゆ顔」
一重で切れ長の目に、細くて小さい日本的な顔立ちの男性を指していた。

そんな例えにも使われるほど、我々の生活に溶け込んでいた「しょうゆ」だが、その使用量は毎年1%ずつ減少しているそうだ。
創業154年という老舗の福岡市の某しょうゆメーカーによると、最近は家庭で料理をしなくなったせいか、しょうゆよりも、ぽん酢、だし、たれなどの需要が増えているとか。

日本古来の味を、もう一度見直してもいいような……。
「ぽん酢顔」なんて言葉が流行語になったりする前に。

2009年3月 4日 (水)

ありえない事件・大国。~愛人コンテスト?~

連日、不況によるリストラのニュースが報じられているが、隣国、中国では信じられないニュースが相次いでいるようだ。(汗)
過日、複数いる愛人をリストラしようとして、ある男性が全てを失ったとか。(笑)

中国の実業家が不況のあおりを受け、愛人5人を囲むことが苦しくなり、1人に絞るため、女性たちに内緒でコンテストを開催。
モデル業界の人物に、「容姿」「魅力」「歌唱力」「酒の強さ」を基準に選考させた結果、一次選考で29歳の愛人が「容姿」が悪いと落とされた。
ところがというか、当然というか、その経緯を知った29歳の愛人は大激怒。
自宅に遺書を残し、他の愛人4人と実業家を「私が運転するから」とドライブに誘い、そのまま車を崖から転落させた。
結果、その女性は死亡、負傷した4人の愛人は男のもとを去り、全てを知った妻にも離婚を言い渡されたそうだ。
男は、女性の両親に保証金を支払うために経営していた会社をたたみ、結果、全てを失う羽目に……。
ま、自業自得、身から出た錆び、自分を含め世の男性の多くには「ザマァミロ」ってところだろうけどね。(笑)

女性の内面的魅力を全く無視し、「愛人生き残りコンテスト」みたいなものを実施したことに、その男に同情の余地は無い!!
とはいえ、男の欲求にまかせて股を開けば、簡単に生活には困らないような大金が手に入ってくる……。女性は手軽に金が稼げて、イイよなあ、ウラヤマシ~~。
なんて、おっと、違う違う。(滝汗)
日本でも売買春の事件が起きるたび問題にされるのが、金にモノを言わせて女性(未成年を含む。汗)を買う男が悪いのか、金で簡単にパンツを脱ぐ女が悪いのか……。
ま、それにしても今回の中国の事件、サスペンス好きな日本のテレビ局がドラマにしたがりそうなネタだよねえ。(笑)

ありえない事件・大国。~出生前親子鑑定?~

中国・某医学院の付属医院が行う親子鑑定は、1年間に約400件にもなるという。(汗)
そして、そのうちの2割が「出生前親子鑑定」で、更にその7割から8割が「親子ではない」と判断されているそうだ。(凹)

同医院の法医学物証司法鑑定所主任法医学者の某医師によると、当初は遺産相続や戸籍、出入国に関する司法機関からの以来が圧倒的だったが、最近では大きなお腹の妊婦が恋人や夫を連れて鑑定に訪れるケースが全体の23%に上るとか。
ちなみに、こうした妊婦の少なくとも7割から8割に不倫や乱れた性交渉の経験があり、同様に7~8割が恋人や夫と胎児との親子関係が否定されているそうだ。(凹)

また、妻の不貞を疑う夫に激怒した妻が、自分の潔白を証明するために出生前親子鑑定を依頼するケースもあるらしい。
ある女性は、胎児は確かに夫の子供と証明されたが、その胎児を中絶したそうだ。(激凹)
なかには、「親子鑑定を何度やっても、『99.99%の確率で親子』と言われ、100%にならない」と泣きつく夫もいるとか。
同医師の、「国際的な基準では、99.97%以上で親子と判定される」と根気強く夫を説得、同時に心理カウンセリングも行い、ようやく夫は家族の絆を取り戻したというケースも。
夫たるもの、妻を疑い過ぎるのは考えもの。とはいっても、妻が美人になればなるほど、つい気にもなるよなあ。(汗)

それにしても、共産圏の国柄同様、男も女も思想やノーミソは硬いイメージのする中国だけど、下半身はかなり自由圏、性に関してはユルユルのようらしい。(汗)
あ、でも男は下半身が硬いからこそ、不倫なんかに走るわけだよなあ。(笑)
そういや日本人の男のアソコは世界でも硬い部類の種族というし、元々が自由圏の日本、昨今の性が乱れるわけだ……。(凹)

2009年3月 3日 (火)

100万ドルの毛?

現在、日本のカツラメーカーは、カツラの材料となる髪の毛を海外から輸入している。
そのため、自分の髪の毛を買い取ってもらって、お金をもうけよう! なんて考えは甘い甘い。(笑)
ところが世界には、「他人の髪の毛」にスゴい値がついた例も……。(汗)

その髪の主は、日本では“ブリちゃん”として親しまれている、ブリトニー・スピアーズ。
過去4枚のアルバムのトータル・セールスは、全世界で8,700万枚とか。

そんなスーパースターのブリちゃん、2007年、ロサンゼルスのヘア・サロンに突然現れて、発した言葉が「丸坊主にして」(汗)。
その店、決して高級な店ではなく、カット料20ドル(約2,000円)の庶民的な美容院。
本当にやっていいのか店長が迷っていると、ブリちゃんは自らバリカンを手にすると、自分の頭を丸坊主にしてしまったそうだ。
日本でも、「ブリトニー・スピアーズ、自ら丸坊主に!」と写真入りで、大きく報道されていた。

サロンの経営者、「『落ちた髪の毛はいらない』と彼女が言っていました。だから当サロンで保管していますが、今後オークションに出品する予定です」と発言。
その後、経営者はブリちゃんの髪の毛をオークションに出品。

ところが、それに続くように、出品者が次々と登場。
そのヘア・サロンのスタッフから貰ったという人、その場にいた客、サロンの外で拾ったという人、などなど……。
DNA鑑定でもしなきゃ、どれが本物で、どれが偽物か、出品者以外は分かりようもない。(滝汗)
そんな展開に、他の出品者について、サロン側は「詐欺だ」と主張。

とはいえ、複数の出品者がネットオークションに出品したブリちゃんの髪の毛、最終的に1億円まで値段が上昇。
もっとも、あまりにも落札価格が高額なうえ、ふざけ半分の出品や落札が続いたため、そのオークションはいったん中止されたとか。

また、その後に登場した専用のサイトでは、お祭り状態というか、こちらの最低落札価格は100万ドル(約1億円)。
なんとも超高価格……。(凹)

そこで気になるのが、他人の髪の毛をひろってオークションで売ることは法的に問題ないのか??
某法律事務所の某弁護士によると――
「髪の毛は拾った時点(取得の時点)でその人のものになるので、海外でも日本でも売ること自体、法的にはまったく問題はありません。問題が生じるとすれば、ブリトニー・スピアーズ本人がサロンに対して、“髪の毛を売らないでほしい”とあらかじめ忠告していた場合。ただ、そういったケースはごくまれだと思います」
とのこと。
ってことは、今後、コンサート会場などで有名人の髪の毛を拾っておけば、将来、一攫千金も夢じゃない??
そこで問題になってくるのは、“本当に本人の髪の毛であるかどうか”ってところ。
その髪の毛が本物であるかどうかを巡って、売り手と買い手が争った場合、ブリトニー本人のDNAを入手できれば、それが本物であるかどうかの証明になるそうだ。
もっとも、言うは易し、行なうは難し。本物であるかどうかを証明するのは困難ということだろう。
つまり、買い手との間でDNA鑑定にもつれることさえなければ、他人の髪の毛で一攫千金の可能性もあるようだ。(笑)

それにしても、たかが髪の毛が1億円。(凹)
髪の毛でなく、もしこれがアンダーヘアで、DNA鑑定の証明書が付いてたら、いったいどれくらいの金額になるんダロ??
スケベなオヤジ的にはそちらのほうが気になるところ……。(笑)

2009年3月 2日 (月)

湯路?

090302


大分県別府市の11温泉施設などで使える地域通過、「湯路(ユーロ)」を発行している市民団体、「アチチ中央銀行」が緊急経済対策として「定額給付湯路」1万枚を無料配布するとか。(微笑)

1湯路は100円程度の価値があり、配布は1人12湯路が基本。
なお、18歳以下と65歳以上の人には8湯路ずつが追加される。何かと似てるなあ……。(笑)
また、同市在住を問わず、希望者に市内6ヵ所で配布するそうだ。
ただし、使用期限は今年3月末までとか。

「不況で身も心も懐も寂しいが、別府温泉は皆さんの身と心を温められる。ばらまき批判もあるが、イエス・湯~・キャン」
とは、同銀行総裁(笑)の弁。
泉都の景気も思惑どおり、湯のように“湧き上がる”といいけどね。

2009年3月 1日 (日)

マシュマロデー?

090301



女性が男性に思いを伝え、チョコを贈る、「バレンタインデー」(2月14日)。
男性が女性にお返しをする、「ホワイトデー」(3月14日)。
この古き良き(悪しき? 笑)日本独自の慣習、そういえばホワイトデーは当初は「マシュマロデー」と言ってたことをふと思い出す。

その起源説(?)のひとつが福岡市にあるという。
創業時からマシュマロを使った菓子が主力商品をした、104年の歴史を持つ某老舗菓子メーカー。
きっかけは30年余り前、ある少女雑誌で、「なぜ女性だけプレゼントしなければならないの?」という読者投稿記事を同社社長が目に留めたことから。
少女雑誌を読んでたなんて、もしかして社長、ロリータ趣味??(汗)
ま、販路拡大のために幅広く女性の心理を探ろうとしていた(ってことにしておこう。笑)んだろうが、「ならば、男性がお返しする日をつくろう。それには中身を柔らかく包むマシュマロがぴったりだ」と思いついたそうだ。
さて問題は、お返しの日。
バレンタインデーをひっくり返した「4月12日」案、10日後の「2月24日」案。
社内で論議に次ぐ論議が繰り返され、前者は「間が空きすぎ」、後者は「準備期間が短く、製造が追いつかない」と、共に却下され、結果、1ヵ月後と覚えやすく、一定の準備期間もある、「3月14日」に決まったとか。
1978年、伝統の技を生かし、チョコを白いマシュマロ生地で包んだ商品を、「マシュマロデー」とうたって売り出した。
ところが、なかなか思いどおりには売れない……。
それでも凹まず(笑)何年もあきらめずに続けるうちに、次第にホワイトデーとして浸透していったんだそうだ。

昨今の多様化した日本のバレンタインデーにホワイトデー、いったい何人くらいがマシュマロデーって言葉を記憶してるんだろう??
それにも増して、マシュマロを現在でも贈る人はいったいどれくらいいるんだろ??
今年も間もなくホワイトデー。そんなことがちと気になる。(笑)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »