« 弁当男子? | トップページ | HIV。~ポルノ?~ »

2009年2月17日 (火)

レキジョ?

「3年前は客層の8割が中高年の男性でしたが、現在は半数近くが10代後半から30代の女性。それも、明らかにオタクっぽい人ではなく、普段は女性誌を読んでいるような方が多いんです」
こう語るのは、戦国武将をモチーフにしたグッズ販売をしている、東京の某書房。
近頃、若い女性客がやたら目立つようになったそうだ。

このところ急増中という、こうした歴史好き女子。略して、“歴女(レキジョ)”と呼ばれているらしい。
流れは今や芸能界にも飛び火し、歴史好きアイドル、いわゆる“歴ドル”まで誕生。(汗)
ちなみに、「美甘子(みかこ)という名前で、日本各地で開かれる戦国武将がテーマのイベントにゲスト出演しているとか。

それにしても何故、今、女性が戦国武将にハマるのか??
どうにも戦国武将を操って敵を倒すアクションゲームの影響が大きいようだとか。
ゲームを入り口に、興味を持った武将を扱う小説やドラマを見ることで、その人物像にさらに惚れ込んでしまうらしい。
早い話、戦国武将の勇猛さを持った若者が現実の現代にはいないせいってこともあるのかな??(笑)

なお、冒頭同店の昨年の武将別売上げ額では、第1位は真田幸村。以下、伊達政宗、石田三成と続き、某テレビ大河ドラマ主人公の直江兼続が第4位。
レキジョの特徴としては、天下を治めた権力者より、主君に忠節を尽くした家臣や、戦に敗れた悲劇のヒーローがカッコいいようだ。(汗)
売れ筋は、真田家の家紋の六文銭がプリントされたクリアファイルや、携帯電話に貼れるシールなど、各大名家の家紋グッズが1番人気。
2番目が、武将を二頭身にしたフィギュア。
また、意外なところでは、刀のレプリカ。1ヵ月に10本ほど売れるそうだが、購入者の3割が女性で、自宅に刀掛けを置いて飾るらしい。
そんな女性の家でデートでもしていて、ヘタに機嫌を損ねたりしたら、いきなり斬りかかられるかも……?? 怖ッ!!(凹)

こうしたレキジョのほとんどは、兜や鎧の形で武将を判別でき、なかには合戦の跡地を聖地巡礼と称して訪れるツワモノまでいるそうだ。
歴史は奥が深く、一度好きになると簡単に抜けられなくなるもの、とか。
直江兼続から君主の上杉景勝へ、石田三成から彼と友情を育んだ大谷吉継へと、どんどん興味が広がっていく方も多いとか。
若い女の子と仲良くなるキッカケづくりとして、今からでも遅くない、男性諸氏よ、日本の歴史を学ぶべし!!(笑)

« 弁当男子? | トップページ | HIV。~ポルノ?~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224568/44089775

この記事へのトラックバック一覧です: レキジョ?:

« 弁当男子? | トップページ | HIV。~ポルノ?~ »