« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月30日 (火)

ニュースになれなかったニュース?

新聞は紙面が限られているため、残念ながらボツになるネタ(?)も多いらしい。
米国、54歳の男性の、ある意味ギネスものの話もそのひとつとか。

この男性、某ファストフード店の大型ハンバーガー、ビッグ○ックを36年間で23,000個を食べたと宣言し、周囲を驚かせている。
単純計算で、ほぼ毎日2個を食べ続けたことになる。(驚)
レシートもちゃんと保管しているとか。(笑)

不思議なのは、体型はかなりのデブだろうと思いきや、身長189cm、体重84kgと、逆にスリムともいえる体型。
自分的にはこちらの話のほうに驚いてしまうが(汗)、さすがに当人、太らないように毎日16km以上を歩いたそうだ。
ま、そりゃそうだよねえ。毎日バクバク食ってばかりいたんじゃ太るのは当たり前。それなりの苦労もしなきゃ!
楽して痩せたいとばかり思ってる女性よ、ダイエットは楽じゃないことを思い知れ!!(笑)

2008年9月29日 (月)

TENTEKI 10?

美容整形といえば、「儲かる医療」の代名詞。
現在は更に、その範囲が急拡大しているそうだ。
保険制度に縛られない「自由診療」として、老化防止の点滴が20万円、高級ホテル滞在の人間ドックが200万円、などなど……。

東京都渋谷区にある、恵比寿ガーデンプレイス。
そのなかに、カフェやレストランにも負けない客足を誇るクリニックがあるそうだ。
一般外来の他に、点滴専門スペース「TENTEKI 10」を併設した、某クリニック。
点滴の基本的な内容は、ストレス、肉体疲労、肌荒れ、肩こり、ビタミン不足、精神不安定などに対する効果が期待できるビタミンB群やビタミンCなどを含んだ点滴(ベーシックパック・2,000円)。
なかでも人気を博しているのは、ベーシックパックに、プラセンタやアミノ酸など、美容やアンチエイジング効果が期待できる様々なオプションメニュー(2,500円~3,000円)と組み合わせた〝オリジナル〟の点滴とか。

もちろん、保険適用外の自由診療だから、決して安くはない。
それでも、1回の点滴で1万円以上かける人もいるらしい。
同クリニックによると、「10~20回、通っていただいている方も多くいらっしゃいます」とか。
つまり、なかには、10~20万円あまりのお金をかけて点滴を満喫する人もいることになるわけだ。(汗)

ちなみに、美容やアンチエイジングのための新たな形の治療に取り組んでいるのは、「TENTEKI 10」ばかりではないらしい。
たとえば、オゾンを使った血液の浄化療法で、活性酸素除去・免疫力のアップが期待できるという「血液クレンジング療法」(1回3万円程度)や、食物や大気から自然に体内蓄積される水銀・鉛・アルミニウムなどの有害物質を点滴により体外に排出し、動脈硬化症予防や新陳代謝改善を目指す「キレーション療法」(1回1万数千円)などの新技術が、アンチエイジングや体質改善を掲げる都市部のクリニックで導入され始めているそうだ。

人間の一生で避けて通れない、「老い」と「死」。(汗)
ありのまま、素のままで生きればいいんじゃないかと思うけど、無駄な抵抗を繰り返すのが人間……。(凹)

2008年9月28日 (日)

還暦?

本日はついでに(笑)もうひとつ、芸能ネタを――

干支(十干十二支)が一巡し、起算点となった年の干支にふたたび戻ることを、日本では「還暦」という。
10と12の最小公倍数は60。つまり、満60歳となる年の1月1日に還暦を迎えることになる。
本来「還暦」と「満60歳の誕生日」とは無関係というわけだが、還暦祝いは満60歳の誕生日を中心に行なわれることが多い。
なお、120周年を大還暦、30周年を半還暦というそうだ。

また、還暦祝いには慣習として、満60歳になった人に赤い色の衣服やずきんなどを贈って酒食する。
この60歳という年齢、以前は日本において、多くの企業が定年退職の年齢となっていた。
もっとも最近では、65歳未満の定年の引き上げや廃止、または65歳までの継続的な雇用を国が企業に義務づけるなどしている。
近年は、「まだまだ老け込むには早い!」という考えが一般的のようだ。

ちなみに、今年還暦には見えない有名人ランキング2008――

1位、高田明
2位、沢田研二
3位、たかの友梨
4位、毛利衛
5位、糸井重里
6位、井上陽水
7位、森山良子
8位、あおい輝彦
9位、錦野旦
10位、由紀さおり

今年で還暦を迎える(迎えた)にもかかわらず、各方面でバリバリと活躍している有名人がズラリ……。

1位の高田明は、某通販会社の代表取締役社長。
あの若々しさの秘訣は、噂によると(笑)、自社取扱商品のサプリメントを多数に服んでいるとか。(汗)

2位の沢田研二は、1967年、ザ・タイガース(なつかしぃ~~)のボーカルとしてデビュー。
ソロ活動でも数々のヒットを飛ばし、今も年に1回のペースでアルバムをリリースするなど、精力的に活動している。
今年は還暦を記念して、大阪ドームと東京ドームで、「人間60年・ジュリー祭り」を行う予定だそうだ。
ちなみに、これは日本人アーティストとしては史上最高齢のドーム公演になるのだとか。

女性の中でトップに選ばれたのは日本有数のエステサロン経営者であり、自身も一流のエステティシャンとして知られる、3位のたかの友梨。
男性1位の高田明と同じく、会社経営にテレビ出演にと活躍するその姿からは、あふれんばかりのパワー……。

トップ10入りを果たした女性有名人は、森山良子と由紀さおりのベテラン歌手コンビ。
森山良子は昨年、「年齢にとらわれない美しい女性」のイメージキャラクターとして、ヘルスケア商品のテレビコマーシャルに出演。
還暦を迎えた今年も、コンサートツアーで全国各地を飛び回っている。
また、由紀さおりも、歌手として、女優として、幅広い分野で活躍している。

最近の60歳は若くなったというか、定年なんて言葉をみじんも感じさせない有名人ばかりがそろった、今回のランキング。
はたして20~30代あたりの若い世代で、彼らに真っ向勝負できるだけのパワフルさを備えた人は、どれほどのいるのか……??(汗)

スーパー?

早くから“スーパー綾○”ともてはやされている、某テレビの女子アナ、加藤綾○のレギュラー番組が正式に発表されたとか。
来月からスタートする深夜番組、「カトパン」。月曜から木曜までのトーク番組で、加藤は司会として日替わりゲストと10分間のトークを展開するそうだ。
ちなみに、“○○パン”は、同局のイチオシの新人アナを担当させる冠番組。
初代は現在フリーの千野志○、2代目は高島○、3代目は生野陽○。加藤は4代目となる。

加藤が“スーパー”と呼ばれるゆえんは、民放キー局3社から内定をもらったことによるらしい。
ま、かわいらしいルックスも多分に関係しているかも……。(笑)
アナウンス力も平均以上といわれ、「カトパン」を担当するプロデューサーは「加藤は反応が早い」と太鼓判を押しているそうだ。

もっとも、その“学力”はかなり不安視されているとか。
自分も見たけど、先月、同テレビのクイズ・バラエティー番組に出演した際は、他の番組のおバカキャラ・タレント顔負けのバカぶりを発揮していた。(笑)

たとえば、「だまされないように用心すること」を意味する慣用句は?
との問いに、「目にメンタムを塗る」(正解は、眉に唾を塗る)と、見事な珍答。(凹)
また、宮沢賢治が童話作家以外に力を注いでいたことは?
ま、この設問は難しかったこともあるが、「山登り」(正解は農業指導)と大ハズレな迷答。(笑)

結局この日、加藤は「全問不正解」。(呆)
この番組でおバカぶりを発揮しているタレントの平山あ○でさえ、2問正解。
これじゃあ、いくらなんでも“スーパー”の名が泣くってもん。
まさか、国立音大出身で、学生時代は音楽以外の勉強はしない、ってこともないだろにねえ……。(汗)

ま、ひいき目に見ても(笑)、女子アナはノーミソよりもルックスで採用している感の、某テレビ局。
おバカ・ブームに火を点けたのは同局のようなもんだし、もしかしてタレントも職員もその系統で統一する気かも??(笑)

2008年9月27日 (土)

NHKのサプライズ?

毎年、この時期辺りになると芸能界関係で話題になるのが、大みそかのNHK・紅白歌合戦の出演者選考。

一昨年は「DJ OZMA」の“全裸ボディースーツ騒動”で盛り上がった(笑)が、昨年はたいした目玉もなく、視聴率は第1部が32.8%、第2部が歴代ワースト2位の39.5%(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)。
来年で紅白は、記念すべき60回。
もっとも反面、近年は局内では不要論があがっているようだ。
来年で幕を閉じるか、70回、100回に向けて歴史を重ねるのか、今年が正念場と捉え、制作サイドとしては巻き返しを図っているとか。
そこで今年、NHKが視聴率アップの目玉として狙っているのが、大物アーティストと北京五輪金メダリストらしい。

昨年、最後の最後まで出演がうわさされながら(初めて知った。汗)、結局は実現しなかったという大物ロックユニット、「B'z」。
今年こそは出演させようと、さまざまな工作を仕掛けているそうだ。
NHKでは来月、B'zのツアーの舞台裏に密着した特番を放送する。
特番にはNHKの音楽番組担当者が総出で、そのまま紅白につなげる意図らしい。
そのため出演の可能性は濃厚とみられ、デビュー20周年の集大成として、記念イヤーの最後を紅白で飾ることになりそうだ。

また、NHKはもう1組の出演を狙っているらしい。
同局の北京五輪テーマ局を歌った「Mr.Children」か、今年で無期限の活動休止に入る「サザンオールスターズ」のどちらかを出そうとしているとか。
ま、可能性としてはミスチルの方が有力なんだろな、傍目から見ても……。

なお、今年注目の出演者については、おバカユニットの羞恥心、ジェロ、青山テルマなど、いかにも数字が取れそうな歌手は、当確のようだ。
それにB'z、ミスチル、サザン。もしこの中から2組が出場することになれば、さすがに視聴率はこれまでよりアップしそうだよね。

その他、審査員には、おバカ発言が話題の、あの金メダリストを呼ぶようだ。
北京五輪、柔道男子100キロ超級金メダリストの石井選手。
既にオファーしているらしく、本人も、「呼ばれたら是非!」と大ノリ気とか。

更なるサプライズがあるのかどうかは別にして、どうしてNHKが視聴率を気にする必要があるのかねえ??
民放と違い番組スポンサーを捜さにゃいかんわけじゃなし……。

2008年9月26日 (金)

WATT?

オランダ・ロッテルダムにオープンした「WATT」。環境保護を前面に出したディスコで、人気を集めているそうだ。
目玉は、客が踊ったり跳ねたりする際の床の振動を利用した、発電システム。
客がフィーバー(笑)すればするほど、発電量も増える仕組みになっているらしい。

ダンスフロアの床はわずかに上下するよう設計され、振動のエネルギーを電気に変換する装置が備えられているとか。
電気は主にディスコ内の照明に使われ、多くの人が踊るほど激しい照明が可能。
同じタイプのディスコに比べ、消費電力は30%も%節約されているそうだ。スゲッ!!

他に、水洗トイレの水には雨水を利用したり、飲食には再生可能なプラスチック容器を使用。
全館冷房装置の電力を節約するため、飲み物は地下の大型タンクに保存。
更には、食べ物の材料には、主に無農薬有機栽培の農作物を使うという徹底ぶり。
こうした工夫により、水の消費量とゴミ排出量は、いずれも半減。

「環境を保護しながら資源利用を続けることが日常生活やレジャー分野に取り入れられ、それ自体が楽しいことだと示したかった」
とは、この「環境ディスコ」構想を支援した企画会社の弁。
いずれロンドンでも「環境ディスコ」をオープンさせる予定とか。
この勢いに乗り、日本にもまたお立ち台ブームが再燃……??
エエよなあ、かぶりつきから見上げれば沢山の女の子の色とりどりのパン……。むふっ。(笑)
失礼しましたあ~~。(汗)

2008年9月25日 (木)

赤とんぼ?

大正中期の1917年頃、西洋音楽を受け入れた日本が、今度は自分たちなりの表現を模索するようになった。
社会的にも大正デモクラシーといった運動がみられたこの時期、伝統邦楽や新民謡といった動きと平行して、日本の創作童謡が作られるようにもなった。
作家・鈴木三重吉が1918(大正7)年、童謡・童話雑誌「赤い鳥」を創刊して、今年は90年。
俗に「赤い鳥運動」といわれる。

この運動に参加した1人に詩人、三木露風がいた。
鳥ではないが、「赤とんぼ」という詩が露風にはある。
大正10年に出した童謡集の中で発表され、昭和2年に山田耕作が曲をつけた。

♪夕焼け小焼けの あかとんぼ
 負われて見たのは いつの日か……

祖父の家で育てられた、幼年期の思い出とされる。
父親の放蕩が原因で、母親は実家に帰っていたそうだ。
子守役の姐やにオンブされて見た故郷(現在の兵庫県たつの市)の記憶……。漂う切なさが分かるようだ。(凹)

人それぞれの思い出を重ねて、いくつもの時代を歌い継がれてきた「赤とんぼ」の歌。
2003年、「日本童謡の会」が実施したアンケートで、好きな童謡の1位に選ばれている。
ちなみに、以下、「故郷」「赤い靴」「みかんの花咲く丘」と続いている。

日本人が「赤とんぼ」の歌を忘れることはないだろう。
ただ、赤とんぼが群舞する風景は、少しずつ遠いものになりつつあるようだ。(汗)
国内にはアキアカネなど約20種いるという赤とんぼだが、生息状況を調査する市民団体などの話が各地で聞こえる。

赤とんぼは、主に田んぼで生まれるらしい。
瑞穂の国、日本は秋津国とも呼ばれた。
あきずは、とんぼの古名。とんぼは「蜻蛉」と書き、蜻蛉は「かげろう」とも読む。
近年、赤とんぼが舞う風景もまた、かげろうのように揺れる。
年を追うごとに、頭を垂れる稲穂の波の上を、飛び交う赤とんぼの数が減っていく……。
消え行く日本の原風景が、ここにもひとつ……。(凹)

2008年9月24日 (水)

叩けば直る?

過日、家電に関する調査結果が発表された。
これによると、家電の調子が悪いときに、「叩いたことがある」人は59.7%。
ちなみに、性別、年齢でも大きな差はみられなかったらしい。
また、この1年の間に叩いたことがある人も3割半ばに達し、「叩けば直る」神話(?)は現在なお健在のようだ。

叩いたことがある家電は、ブラウン管テレビがダントツで、71.1%。
次いで、リモコンが32.9%、ラジオが19.1%、ビデオデッキが16.6%と、AV関連機器が上位を占める。
驚くことに、パソコンも16.2%が叩いたことがあると回答したそうだ。(汗)

逆に少ないのは、洗濯機が5.4%、冷蔵庫が4.3%、炊飯器が1.4%とか。
さすがにブラウン管以外のテレビ、液晶テレビなども2.5%と少なかったようだ。
不調にならないのか、それとも見るからにデリケートそうだからか??(笑)

そして、肝心の叩いた結果だが――
完璧に直った、9.4%。一時的に直った、67.1%。と、3分の2が叩いて直ったことがあると回答。
もっとも、直らなかった、22.7%。壊れた、という気の毒な(汗)人も0.7%。
早い話、完璧に直ったのは1割弱に過ぎず、気休めにしかならないようだ。
ま、それでも、一時的にでも直るのならば「叩いてみる」のもムダではない??(笑)

送る言葉。

福岡ソフトバンク・ホークスの王監督が、今シーズン限りで監督を退任することになった。

20年前、都落ちともいえるカタチで九州・福岡の地に移ってきた弱小球団、ホークス。
1995年のシーズンから指揮を執って14年、福岡市民のみならず、九州が誇る「われらが球団」にまで育て上げてくれた。
今シーズンは残念ながら11年ぶりのBクラスが確定しそうで、監督本人も不本意だろうが、自身の健康が何より一番!!

お疲れさまでした。そして、夢と感動をありがとう!!

2008年9月23日 (火)

悲壮感?

某テレビのお笑い番組で、同テレビのクイズ・バラエティー番組から生まれた人気ユニット「羞恥心」をまねて結成されたユニット「悲愴感」が過日、東京・青海の特設会場で解散ライブを行った。
会場には本家「羞恥心」が飛び入り参加し、初コラボが実現。
もっとも、そのおかげで、解散ライブにもかかわらず「悲愴感」はかすんでしまい、3人のメンバーには文字どおり愴感を漂よっていたそうだ。(笑)

メンバーは「ロバート」山本、「ドランクドラゴン」鈴木、「アンガールズ」田中の、見た目も人気も地味な3人組。
にもかかわらず(笑)、会場には約1万人が集まる大盛況。
デビューからわずか1ヵ月での解散ライブ。3人は、一身にスポットライトを浴びるはずだった。

ところが、唯一の持ち歌「悲愴感」を歌い、これからサビという場面で、ステージ下から「羞恥心」が登場。
歓声も視線も奪われ、曲まで乗っ取られる始末。
ま、この1万人の観客、初めから「羞恥心」が目当てだったんだろね。(笑)
初めこそ戸惑っていた「悲愴感」も、最後は振りも「羞恥心」に合わせていたとか。

某お笑い番組のメンバー、いわく――
「お客さんがほとんど(悲愴感の)3人の名前を呼んでない!!」
ユニット・メンバーの田中はファンに対して、いわく――
「誰を見に来たのよ!?」
まさに「悲愴感」そのものだったようだ。(笑)
とはいえ、この「悲壮感」という歌、先月、オリコン・チャートで初登場5位を記録したとか。まるで知らんかったあ~~。

それにしても、オバカキャラのパワーとブーム、いつまで続くのか??
現在の話題性と実績からすれば、年末のNHK紅白は当確のはずだよなあ……。

2008年9月22日 (月)

おでんソング?

今年の冬は、「おでんソング」が大ブームの予感??

 ♪ハンペン食べてるのに 大根の誘惑……
 ♪牛筋一筋噛みしめて つゆの香りにつつまれて……
 ♪三角こんにゃく串に刺し 相合い傘に見えるでしょ……

レトロなGSエレキギターサウンドに乗せて、こんな面白い歌詞が次々と繰り出される。
一度聴いたら耳から離れない“だし”の効いた楽曲で、おでんの季節とはほど遠いのに、有線を通してコンビニや喫茶店でガンガン流されているらしい。
タイトルは「青春おでん」。女性3人組、twe'lv(トゥエルブ)のデビュー曲とか。
先月末から有線で大量に流され、「あの曲を歌っているのは誰?」と、来月の発売前から大反響、問い合わせが殺到しているそうだ。

きっかけは、USENグループで展開中のパソコンテレビ、「Gyao」。自分も時々映画を観てるけどね。
全国の安くて、味もよく、懐かしい「B級グルメ」を特集するチャンネル(観たことがなかった。汗)があり、そこで静岡のおでんを応援するご当地ソング「恋する黒はんぺん」が面白いと話題になっていたようだ。

それに目をつけた新人女性3人組、twe'lvが、GSサウンド風のアレンジでカバー。
昭和40年代に流行したワンピース姿で3人が、ゴーゴーダンサーやGSバンドを背に、おでんのポーズを取りながら歌い踊る、プロモーションビデオを完成させた。

USENグループでは原曲の発信元という縁から、強力プッシュ楽曲として、先月下旬から有線で流し始めた。
すると、今月に入って「あの、おでんの曲はなんですか?」「三角こんにゃくって歌っている女の子は誰?」といった問い合わせが数多く寄せられるようになったそうだ。

フードソングといえば、昭和50年に「およげ!たいやきくん」、平成11年に「だんご3兄弟」、14年に「おさかな天国」が、子供たちを中心に大ブームを起こし、いずれも大ヒットしている。
今回の「青春おでん」は、そのフードソングに加えて、懐かしいGSサウンドで、団塊世代を中心とした年配層からも支持を得そうだ。

今年の忘年会シーズン、この曲を歌うOL3人組が増えるかも……。(笑)
上司も、懐かしいメロディーに大喜び!?

2008年9月21日 (日)

アンチ・クローキング?

旧くは、ハーバート・ジョージ・ウェルズ(作家)の「透明人間」。なってみたいと思った人は、自分を筆頭に(笑)、きっと多いことだろう。
最近では、ハリー・ポッターの「透明マント」。こんなのがもし市販されるなら、大ヒットは間違いないはず!(笑)
他には、スター・トレックの「遮へい装置」、攻殻機動隊の「熱光学迷彩」、などなど……。
SFやファンタジーで使われ、実際に研究も行われている、クローキング技術。
この技術により、不可視化されたものを逆に可視化する手法を、中国の科学者が発表したそうだ。
夢の「透明マント」が店頭に並ぶ日も近い??

最近になって提案されているクローキング技術には、特殊なメタ物質を利用するもとか。
この物質、光の拡散、反射、吸収などにより、光が目標物に到達するのを防ぐことで、対象物を隠ぺいするらしい。
う~ん、なんか難しぃ~~。(汗)
ちなみに2006年、某大学で電磁気クローキング方法のデモが行われ、部分的に物体を隠ぺいできることが実証されているそうだ。
もっとも、隠すことができる光の波長は狭い範囲であり、人間の見える範囲をすべてカバーするには至っていないらしい。
また、この隠ぺい技術は双方向であり、相手から見えないということは、隠される側からもまた見えないということであり、実用性には問題が出てくるようだ。

中国と香港の研究チームは、「透明マント」を部分的に可視化する「アンチ・クローキング」の手法を提案。
この「アンチ・クローキング」は、クローキング側の屈折性物質にインピーダンスを合わせた異方性の反屈折性物質を組み合わせる、という方法。
クローキングされた物体は、そこに到達する光を曲げてしまうので、内側からも不可視の状態になるが、アンチ・クローキング用物質をクローキング物質に押し付ければ、そこから外を見ることが可能になるということらしい。
う~~ん、いよいよ難しいぃ~~~~。(凹)

ま、とにかく、この手法を使うことにより、「透明マント」に隠れたハリー・ポッターみたいに、外に誰かがいるかどうかを知ることができるということらしい。
透明マント、もし売り出されれば真っ先に手に入れなくては!!
え? なんに使うつもりかって?? そりゃもちろん、むふふ……。(笑)

2008年9月20日 (土)

好喪?

韓国・釜山では、ちと怖いが(汗)、斎場が病院内にあるところが珍しくないらしい。
弔問客はまず遺族にあいさつし、祭壇に向かって韓国式のお辞儀をする。
もちろん、その場は粛々とした雰囲気に包まれていることだろう。

ところが斎場を一歩出ると、隣室の食堂は大いににぎやかなんだとか。
黒い服を着ている人に交じって、ジーパン姿なんかの人もいるらしい。
食事も、精進料理のようなものではなく、簡単ではあるが、ゆでた豚肉やシジミスープなどの料理がズラリ……。
中には2~3時間もいる人もいて、酒を飲み、食事をしながら、時には大笑いしてたわいもない話をずっとしているんだそうだ。

故人の享年、85歳。
韓国では、長生きで幸せに亡くなった人の葬儀を、「好喪(ホサン)」と呼ぶそうだ。
だから、「こうやって笑って送る」のだとか。
日本のしめやかな雰囲気で送り出す葬式とは対照的だが、何かと歌い、踊り、感情を素直に表現する人々らしい葬式ともいえる。

ふと黒澤明の映画、「夢」の1シーンを思い出す。
全8話から成るオムニバスの最終話、「水車のある風景」――

若い男の旅人が、静かな、川が流れる村に行き着く。
その村の家や建物には全て、水車が付いている。
旅人は、壊れた水車の歯車を直している老人と出会う。
老人は旅人に、この村人たちは、近代技術を拒み、自然を大切にしていると説く。
ここの村人が便利さより精神的な健康を選んでいるということに、旅人は驚き、この考えに興味をそそられる。
そうして、この章(そして映画)の最後は、この老人の初恋の人でもあった老婆の、葬式の行進が村をあげて行われる。
人々は、嘆き悲しむ代わりに、老婆が良い人生を最後まで送った事を喜び、村人みんなで祝って送る……。

公開当時より数年になるが、今なお老人の言葉がズシリと響く。
「人の死は本来めでたいもの」……。

2008年9月19日 (金)

世界一……?

919a












2009年度版の「ギネス・ワールド・レコーズ」の発売を記念して、イギリス・ロンドンで記録写真用の撮影会が行われたとか。
この2人の男女、なんとも対照的で、周辺には大きな人だかりが……。

男性は、20歳のモンゴル人実業家、何平平(ホー・ピンピン)さん。
その身長、約74.6cm。「世界一身長が低い」男性として数年前、日本の某テレビに出演したことがある。
片や女性は、身長198cmのスペイン在住のロシア人女性、スヴェトラーナ・パンクラトバさん(36)。
ま、確かに身長差はあるし、女性としてはかなりの身長だけど、さほど珍しくもないって感じだよね。
驚くのは、約132cmという、その足の長さ!!(汗)
してみると、座高はたったの66cm??(凹)
う~ん、なんともウラヤマしぃ~~。自分に10cmでいいから分けてほしいもんだぁ~~。(笑)

真下から(笑)パンクラトバさんの足を見上げた何さん、「とても美しい」と褒めていたとか。
それよりも自分、何色だったか(え?? 汗)、コソッと聞いてみたい……。(笑)
し、失礼しましたあ~~。

ちなみに、世界一の長身女性は彼女ではなく、最近死去した米インディアナ州のサンディ・アレンさんと認定されたそうだ。

919b


2008年9月18日 (木)

ガスメディック?

ところ変われば、おっと違う違う、ところかまわず(笑)つい出てしまうのが、屁。
いかんいかん、ついオヤジまる出しで、ついつい表現が下品に……。(汗)
失礼しましたあ、おなら、ですぅ~~。(笑)
ちなみに、「おなら」は「お鳴らし」が略されてできた女房言葉で、「屁」よりも上品(あるいは婉曲)な言い方であるとか。

で今回、これまたオヤジの本性まる出しに、自分の大好きな(笑)「パンツ」ネタ……。(汗)

最近(いや、もっと以前になるのかな?)、「おなら消臭パンツ」なるものが米国で開発されたそうだ。
某テレビ番組での、広島大学の某外科医師の研究結果によると、おならのニオイ吸収パンツ「ガスメディックパンツ」は、99%ほどのおならのニオイを吸収できるとか。
既に日本国内でも通信販売が開始されているらしい。

ま、99%といや、完璧といえる数字。(驚)
お腹に異常や持病を抱えている方には、朗報に違いない。
でも、吸収されたニオイって、どーなるんだろ??
パンツを脱いだ途端に辺り一面、モァ~~ッとしたニオイが立ち込めたらイヤだよなあ……。(凹)
ちなみに、おならパンツだけでなく、おならのニオイ吸収クッション(座布団)もあるそうだ。

それはそうと、オナラの「音」と「ニオイ」、貴方はどうやってごまかしますか??
某テレビ番組での調査によると、音のごまかし方で圧倒的に多かったのは「せき払い」とか。
また、においのごまかし方では、なんと! オナラの9割が無臭!! なんだそうだ。えぇ~~、うそぉ~~、ほんとぉ~~??(笑)

昨日はトイレ、今日はおなら、人間の健康に密接に関係しているとはいえ、2日続けてのちとクサイ(?)内容で申し訳ありません。
明日からは心を入れ替えて、真面目な内容で行けたらと思います。
ってか、本人は至って真面目に書いてるつもりなんですが……。(汗)

2008年9月17日 (水)

現代トイレ考?

洋式便器が登場して、ン年。
某便器メーカーによると、当初は汚物を1回流すのに、水16リットルが必要だったそうだ。
それが1990年前後には13リットルになり、最新の便器は5.5リットルで済むまでになったとか。
すごく身近なところで(笑)研究の積み重ねを知る思いがする。

ちなみに、和式がメインだった時代と比べると、洋式便座が広く普及した現代、トイレの平均所要時間は5~10倍にもなっているとか。
トイレが心地よくなると、所要時間も長くなるようだ。(笑)

ところで、そんなに長い時間、人はトイレで何をしているのか??
ご親切にも(笑)、某テレビ番組が検証した。

◎トイレで何をしていますか?
・本を読んでいる…雑誌、地図、敢えて泣ける本、料理本。
・携帯をいじる…メールを打つ・読む、ゲームをする、サイトを見る。
・考え事をする…明日の予定、今夜の夕飯、昨日のお昼何食べたっけ?
・トイレットペーパーで鶴を折る。

公衆トイレの便座、みんなはどうやって使っているのか?
公衆トイレの便座、どれだけキレイか、汚いか。

◎座る時、どうやって座る?
・何もしないで、そのまま座る…22人
・拭く…31人(便座のUの所を主に拭く、お尻側を主に拭く)
・敷く…4人
・中腰…11人←疲れそう……。(汗)
・ガマンする…21人←便秘や痔になっちゃうゾ~~。(笑)

◎出る時、フタは?
・開けて出る…40人
・閉めて出る…27人
・どちらでも良い…22人

◎出る時、トイレットペーパーは?
・三角に折る…13人
・三角に折らない…67人
・どちらでも良い…9人

気になるのは、便座は汚れているのか? いないのか?
某テレビ局、1階と14階の、共に女性トイレの個室で、便座の表面をこすって微生物を採取し、培養。
やっぱ女性トイレのほうが汚れはひどいってことかな?(笑)
なお、2ヵ所のトイレはどちらも掃除後、4時間が経ったものとか。

結果、何千万、何億という数の菌が出てきたそうだ。(凹)
その菌は、 人の皮膚にも棲んでいるものとか。(汗)

◎便座を拭くのと拭かないのとでは、どうなるのか?
・便座の表面をトイレットペーパーで3往復こすり、微生物を採取し、培養した場合。
 →拭く前は2億2千万いた菌が、トイレットペーパーで拭いただけで約400分の1に激減。
・便座の表面を除菌シートでこすり、微生物を採取し、培養した場合。
 →ほとんどゼロ。

こりゃ用を足す前に、しっかり便座を拭いたほうがよさそうだ。
洋式トイレの伝染病(?)、インキンの予防(笑)にもなるかもしれんしね。(汗)

2008年9月16日 (火)

学校が無い?

国が貧しくて夢や未来を狭められがちな子どもたちのために、自分にもできることがあるはず!
そんな思いで、国際機関を通じて寄付したり、鉛筆やノートなどを贈ったりする人が、日本でも増えてきた。
反面、大金持ちといわれる種族がポンと大金を寄付したり、ボランティア事業やチャリティー活動をしないのが、この国の悪しき風習でもあるが……。(凹)

福岡市出身、デビューして5年、22歳の、某女性シンガー・ソングライター。
発展途上国に学校をつくる活動を3年前から続けている。
今年6月には、カンボジアにできたそうだ。

開校式に出席したときの様子などが、先月の某テレビ「おはようサタデー九州沖縄」で放映されたらしい。
農村に建った校舎には日本語で「あい校舎」と書かれ、お祝いに地域の大人たちも多数集まってくれたそうだ。

「未来をつくる手伝いがしたい」と思ったのがきっかけだったとか。
「未来は教育から」とも。
学校づくりはアフリカから始めた。
目標は「1年に1校」。ファンにも協力を呼びかけている。

彼女、上京した後、路上でのライブを1,000回続けて歌手になった。
そのことは高校の英語教科書でも今春から紹介されているそうだ。
幼くして母親を亡くし、歌手になる夢を見守り支えてくれた養母も、夢の実現を見ずに他界したという。

ありがとうを言いたい人への思いを「社会と向き合うことで表現したい」、とテレビでは話していたそうだ。
そんな彼女だから、元気をもらう同世代の人が大勢いるのだろう。

♪今日も明日も未来も
 何気なく過ごし生きていくの?
        ~新曲「カケラ」から~

2008年9月15日 (月)

下着の品格?

またまた新しい「品格」本が登場したそうだ。
「国家」「女性」の次は、「下着の品格」(カナリア書房)とか。
著者は、世界初という“下着コンシェルジュ”。
ここんとこの日本、品格同様、○○コンシェルジュ流行りだよなあ。(笑)

「品格は下着に表れる」
そうかなあ……??(汗)
「目を奪われるような美女なのに安っぽい下着を身に着けていて、がっかりすることがある。
 見えないところにまで気を使うのが本当の品格。
 ガーターベルトやTバックなど、セクシーな下着を身に着ければ気持ちが高揚し、自然と女らしい魅力が高まるもの」
だそうだ。

その言葉そのまま、同女史、女性が仕事で勝負する時には、「赤のガーターベルト」を勧めているとか。
夏は蒸れ防止にもなって、いいらしい。ま、確かに夏場のパンストって、見るからに蒸れそうだもんなあ。むふっ。(笑)
あなたの職場の隣りの席の地味なOLが、もしかして、服の下に挑発的なガーターベルトを仕込んでいるかも??
男がそれを確かめる方法は、ひとつ!(笑)

もちろん、下着への気配りは男だって大事らしい。
「ゴムが伸びきったヨレヨレのトランクスを見たら、女は一気に気持ちが冷めます。
 男性は自分の下着に無頓着すぎる。
 スーツやバッグにはこだわるのに、下着は奥さんに任せきりな人が多い。
 今は男性向けにもヒップアップ効果のあるボクサーパンツが出ています。
 ポケット付きのパンツもあって、遊び心のあるデザインが受けている」
そうだ。

ま、確かに逆も真実なりで、前述の女性みたく、安物でも綺麗なパンツならまだいいけど、シワシワで汚れの見えるパンツは、その下の大事な部分もそのまんま不潔そうで、脱がせるのにはかなり勇気がいるよなあ……。(凹)
ちょっと見には汚れ目を男に気づかれない、そんなところから最近の女性、黒のパンツを好むのかなあ?? やっぱ白がいいけどねえ……。(笑)
そうそう、ポケットはちょうどコンドームが入る大きさだそうで、イザという時(笑)役に立つってことらしい。

男の下着に関していえば、最近は“ブラ男”なるものが世間を騒がせているそうだ。
「ワイシャツの下に女性用のブラジャーを着けるブラ男は、ブラジャー独特の締め付け感にハマってしまう。
 医者や弁護士、政治家などにも多い」
らしい。
でも、ワイシャツ姿のとき、ブラの線が透けて見えんのかなあ??
自分も1度は着けてみたかったけど、しょっちゅう、なんて考えると、オゾマシイ。(凹)

それにしても、下着の世界は奥深いというか、オヤジにはますます興味が尽きん世界……。(笑)

2008年9月13日 (土)

死後結婚?

アフガニスタンで死亡したフランス兵士の婚約者(女性)が、兵士との「死後結婚」を認めるよう、仏大統領に直訴文を提出したそうだ。
死後結婚は民法で権利として認められているが、極めてまれな手続き。ダロねえ……。
とはいえ、アフガニスタンでの犠牲に最大の配慮を示す政府。死後結婚を認める方向とか。

死後結婚の相手は、アフガニスタン駐留兵だった男性で、先月、武装勢力の待ち伏せ攻撃で死亡した10人のフランス兵のひとり。
2人は7年間一緒に暮らし、子供も既に2人いる。
男性のアフガニスタンでの任務終了後、結婚する約束を交わしていたそうだ。

死後結婚によって、2人の子供が男性の子供として認知され、女性と子供が男性の姓を名乗ることなどが認められるとか。
しかし、一切の財産相続権は認められておらず、「2人の間に愛情があったことを証明する」というような、象徴的な規定とされるらしい。
ちなみに、結婚の日付は書類上、相手が死亡した前日になるそうだ。ってか、そりゃそうだよねえ。

女性は、「彼との約束を果たし、彼の姓を名乗りたい。子供が成長したら私の気持ちを伝えます」と話しているとか。
次から次と相手を変える男女が多い昨今、今なおまだこんな愛のカタチがあるなんてねえ……。(汗)
愛は不変! 愛の力は強し!!

2008年9月12日 (金)

みらいぽすと?

「未来の私に」……。
そんな手紙を書いて、将来の指定した日に届く。
ドラマみたいな場面をこしらえてくれる団体がある。
福岡市のNPO法人、「みらいぽすと」――
手紙やハガキ、CD、DVDなどを最長で30年預かり、自分や子ども、友人に届けてくれる。

同法人の理事長、7歳のとき2歳下の妹が病死した。
数年前、いとこの家で生前の妹の手紙を見せてもらい、「手紙ってスゴイな」と思ったのが、この活動のきっかけとか。
1人で「みらいぽすと」を始め、今年4月にNPO法人化したそうだ。

預かり物は銀行の貸金庫に保管する。
手紙なら、5年以内で1,500円。
保管料や通信費で、ほとんど利益は出ないそうだ。
でも、途中でやめるわけにもいかない。大変な事業だよなあ……。(汗)

「金もうけ」以外のところで働く人たちがいる。
ところが昨今の日本、すっかり「自分さえよければいい。もうけさえすればいい」の風潮……。(汗)
しかも、一番安全でなければならない「食」での不正が次から次に発覚する。(凹)

それにしても、事故米なんて、食用に転売する業者はもちろん悪い!! しかし、それ以前に、そんな米を輸入して、なぜ農林水産省は長年平然としていていられるんダ!?
日本は人間の健康に害があるような米、買わん!! と、水揚げした時点でとっとと突っ返せばいいダロ!!(怒)
輸入国は日本。また政府がからんでるような、そんな疑念も……。

食と年金の違いはあるけれど、社会保険庁の不祥事と根っこは同じ。
いずれも「組織の存在意義は」「社会的責任は」との意識が欠落している!!(激怒)
「自分は何のために存在するのか?」
それを考えれば、やるべきことは自ずと見えてくる!!

2008年9月11日 (木)

男が嫌いな男?

某週刊誌が発表した、「女が嫌いな女」。ふと思いついて、じゃ男版、「男が嫌いな男ってのもあるのかなと、ネット検索したら、キタァ~~~~。(笑)
もっとも、残念ながら2004年8月、4年前の記事。(汗)
現在では参考にもならんかもしれんけど、せっかく(?)なんでオツキアイを……。(笑)

1位 渡辺恒雄 209票
 普通、嫌われる有名人というと人気の裏返しだったりするものだが、この人に関してはそれがまったく当てはまらないらしい。
 ま、確かにナペツネを好きだなんていう人はまずいないかもなあ……。
 ちなみに同週刊誌、ナベツネにプライバシー侵害で訴えられたそうだが、ナベツネ叩きをやめるつもりはないようだ。(笑)

2位 小泉純一郎 199票
 改革の名の下に国民、しかも弱者に高負担を強いる改悪を強行し、総理辞任後はまるで知らん顔……。
 自分もスカン!!!
 ま、このあたりはランクから除外して、「殿堂入り」させてもいいのかも。(笑)

3位 出川哲朗 184票
 どうも美人の奥さんをもらったことによる嫉妬も含まれているらしい。男の嫉妬は怖い??
 お笑い芸人はどうしてこうモテるんだろねえ???

4位 木村拓哉 95票
 ま、多分に嫉妬が含まれてるだろうが、演技はどう見たってワンパターンだよね。

5位 明石屋さんま 80票
 う~ん、さんまが嫌われる理由って何だろなあ……??
 唯ひとつ、止まることのないシャベリ、ってくらいしか自分には思いつかんけど……。

6位 みのもんた 77票
 顔黒く、テカりすぎ。
 正解を出すのに、タメすぎ。
 胡散臭い、あのオーラが嫌い。
 理由のひとつひとつに思わずうなづいてしもたぃ。(笑)

7位 タモリ 58票
 出演番組がマンネリ過ぎ、というのが理由にあるらしい。
 ま、25年以上も続きゃ、いやでもマンネリ化するわなあ。

8位 石橋貴明 56票
 うんうん、分かる分かる。多分に、嫌われる理由は満載のはず。(笑)
 自分の身近にいたら、かなり困る人物だよなあ……。(汗)
 ちなみに、相方の木梨は50位以内にも入ってないとか。ちったぁ見習え!!

9位 KABA.ちゃん
 現在ならさしずめIKKOになってたりして。(笑)
 振付師としては有能みたいだし、裏方に徹したほうがいいのかもね。

10位 江頭2:50 40票
 ワンパターンの芸風、ヘキエキするってね。(笑)

以下、抜粋。

11位 古館伊知郎 38票
 某テレビのニュース・キャスター。かなり痛い。(汗)

14位 ペ・ヨンジュン 30票
 韓国ではそれほどトップスターってことでもないらしい。
 韓流ブームの下火とともに、日本での人気もいっきに下降気味……。

16位 ふかわりょう 27票
 ま、根本的にイジラレ・キャラだよね。(笑)

23位 窪塚洋介 23票
 なんと、9階から飛び降りて生還するという偉業を達成!
 もしかして、宇宙人??(笑)

27位 布袋寅泰 19票
38位 保坂尚輝 14票
 この2人がガチンコでケンカしたら、そりゃもう面白そう。(笑)

42位 石原慎太郎 13票
 他人に厳しく、身内に甘く……。(汗)
 やっぱその体質は改めなきゃねえ。(笑)

47位 押尾学 12位
 タレントの平山あやを食った、とか。
 もしかして、彼女のファンの怨み票??(笑)

こうなりゃ「女が嫌いな男」「男が嫌いな女」ってのも見たくなってくるってもんだよねえ。(笑)
もっとも、ネットではあいにくヒットせず。ザンネン!
週刊誌に、新しい企画として売り込むか??(爆)

2008年9月10日 (水)

キレイ好き?

抗菌グッズ、消臭剤、除菌スプレー……。
清潔ブームの昨今、巷には“キレイ好きな男”が結構いるらしい。
もっとも、“キレイ好き”も一歩間違えると、女性からは即アウトになりかねないそうだ。

「お店で小さいゴキブリを見かけたら、食べるのをやめる彼。前の男は、床に巨大なゴキがいるのに、別にエエやんって食べてた。それに比べたら全然マシ」(24歳)。
しかしなあ、床をゴキがチョロチョロ……。汚れウンヌンより、気になって食欲が失せるのが普通ダロ!?

「外食を嫌がる。お弁当もダメ。厨房にはゴキブリやネズミがいるものだし、衛生管理全般に信用がおけないって」(26歳)。
「屋台で食べるのは抵抗があるみたい。道路沿いの外気に触れてるんだから、わからないでもない」(30歳)。
確かに大丈夫かな、と不安になる店もあるわなあ。(汗)

「彼の夜食を作ろうとタマゴを取り出したら、『それ賞味期限切れてるだろ!? 考えらんねえ』とムカツク一言。時計を見たら、深夜12時半。30分しか過ぎてないのに……。お前の腹はどれだけ繊細なんだよ!!」(24歳)。
男気を感じられないキレイ好きには、女子の舌打ちが容赦なしに飛んでくる。ご用心、ご用心。(笑)

「会社の飲み会で、席を移動してきたK君が、上司の使っていたおしぼりを、顔をしかめて、汚物のようにどかしていた。特別汚れてないし、人としてヒドイんじゃない?」(33歳)。
上司が今夜もご乱心! みたいなスケベオヤジだったら、同意も増えるかもしれんけどなあ……。

オッサンどころか、女子を汚いと感じる男もいるらしい。
「私が使ったキーボードをウェットティッシュで丁寧に拭いて使う上司。このアタクシが汚いとでもおっしゃりたいの!? あ!?」(29歳)。
いやはや、ここまで来りゃ女子の地雷を踏んだも同然……。(凹)

「眺めのいいところにベンチがあったので座ったら、『うわあ、よく座れるねえ、枯葉とか落ちてるし僕には無理』。座った私はバッチイ女かよ! それじゃ、観光にいって散歩もできないだろ!」(29歳)。
ムードまるでなしなキレイ好き行為。女子が激怒するのも無理はないかも。

仕事時のキレイ好きも、ののしられる可能性大。
「使おうとしたコピー機がトナー切れ。その直前にコピー機を使おうとしてやめていた同僚に、気づいたならなんで替えてくれないの?と言ったら、『手が汚れるのとかムリなんだよね』だって。死ね!」(28歳)。
キレイ好きが仕事免除の理由になると思ってんのかーッ!? 当然、非難轟々。

汚れからの逃避も、TPOを選ばないとエラいことになりそうだ。

2008年9月 9日 (火)

女が嫌いな女?

某週刊誌恒例という、「女が嫌いな女」――
全国1,000人の女性にアンケート調査した結果、細木数子の連覇(笑)を阻止したのは、女優・沢尻エリカ!
しかも前回、圏外からのゴボウ抜きで、いきなりの1位。
理由はもちろん、主演舞台挨拶の騒動の「別に」発言だろう。かなりの反感を買い、すっかり印象を悪くしたようだ。

ちなみに、女が選ぶ「嫌いな女」ランキング・ベスト20は次のとおり。
 ※なお、()内は昨年のランキング。
1位(圏外) 沢尻エリカ
2位( 1位) 細木数子
3位( 3位) 和田アキ子
4位( 8位) 神田うの
5位( 8位) 西川史子
6位(18位) 久本雅美
7位(圏外) 田中真紀子
8位(20位) 工藤静香
9位( 2位) さとう玉珠緒
10位(圏外) 長澤まさみ
11位(13位) 浜崎あゆみ
12位( 6位) 小倉優子
13位( 4位) 泉ピン子
14位(31位) 倖田來未
14位(11位) 青木さやか
14位( 7位) 梨花
17位( 4位) あびる優
18位(17位) 叶恭子
19位(50位) 松野明美
20位(10位) 叶姉妹

沢尻に関しては、騒動前は好きだった、という声も多かったとか。
もっとも、号泣した謝罪インタビューも下まつげにマスカラを塗っていなかったことから、「号泣する準備はできていた」という指摘も……。
もしかして、「黒い涙」を皆が期待していた??(笑)

1位の沢尻と並ぶ人気女優、長澤まさみ、清純派で好感度な印象だが、10位にランクイン。
「大物然とした態度や、つくりすぎている」
「関心がないテーマでのインタビューで、相手に失礼なくらいに不機嫌になる。裏表があると思った」
「演技が大げさで下手なので、見ていて辛くなる」
女性の評価はかなり手厳しい。(笑)

圏外からいきなりのトップを獲得した、沢尻。
ある意味、スゴイというか、彼女らしいというか……。
いずれにしろ、あの騒動以来、たくさんの敵を作ってしまったのは間違いない。
その沢尻と並ぶ、若手女優の長澤まさみも、圏外からいきなりトップ10入り。
清純派に見えて実は気の強そうなところが、女性には鼻につくのかも……。
お嫁さんにしたいNo.1と言われている彼女も、女性からは“嫌いな女”に選ばれるようだ。(汗)

2008年9月 8日 (月)

与野党支持逆転?

「WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)監督人選の前に、五輪敗北の総括が先だ!」
あるスポーツジャーナリストが、テレビでそんな指摘をしていたそうだ。
そのとおり! 失敗の反省なくして、進歩はない!!
こんな分かりきったことを、球界関係者はなぜ理解しないのか??

同じことは政界にもいえる。
現首相が無責任に政権を投げ出した途端、日本に山積する諸問題は吹っ飛んで、今や後継選び一色……。(汗)
それを煽るマスコミ、踊らされる国民。(凹)
人事は重要だが、政局ばかり追う報道にはウンザリさせられる。
政治状況を反省し、国の進路こそ論じてもらいたいもんだ!(憤)

それにしても、乱立気味というかパフォーマンスというか、多くの立候補出馬表明者で、活発な自民党総裁選。
翻って、無投票での再選に危惧を感じ唯一人、立候補出馬表明しようとした途端、圧力で出馬を断念させ、早々に現代表の無投票3選が決定していた民主党代表選。
おまけに、今頃になって、「総裁選があるとは思わなかった。自民党にしてやられた」なんてホザいてる民主党議員もいるらしい。
自民党敗北必至の福田首相で解散・総選挙が行われるはずもなく、早晩、自民党総裁選が行われることは確実だったはず!!
この活発な総裁選で、すっかり霞んでしまった民主党。
このままじゃ与野党逆転劇はまた望めそうもなさそうだなあ……。(凹)

2008年9月 7日 (日)

離婚遺伝子?

男性の結婚生活の成否に影響を与える遺伝子が、スウェーデンの某研究所などの研究で見つかったそうだ。
遺伝子「AVPR1A」は、バソプレッシンというホルモンを脳内で受け止める物質をつくる。
スウェーデンで成人約2,000人について調べた結果、この遺伝子が「334」という型の男性は、妻に不満を持たれている割合が高く、過去1年間に離婚など結婚生活が破たんしたか、その恐れのあった人の割合が、他の型の男性の2倍以上だったらしい。
もっとも、女性は遺伝子型の影響がみられなかったとか。

遺伝子で離婚が左右されるなんて、オトコって哀しい生き物だなあ……。(汗)

2008年9月 5日 (金)

最後の魔女?

中世、欧州で横行した魔女裁判。
そんな狂気の沙汰も、「啓蒙時代」の18世紀後半になくなって久しい。
スイスの州議会が先月、「欧州最後の魔女」とされ1782年に処刑された女性の裁判を、「不当な死刑判決」だったとして、名誉を回復する決議を全会一致で採択したとか。
女性の名前は、アンナ・ゲルディさん。

同州の名家で使用人として働いていた彼女、この家の娘に「魔法」を使って食事に針を入れたなどとして、拷問を受けた末、町の広場で公開処刑されたという。
もっとも、彼女がなぜ「魔女狩り」に遭ったかははっきりしていなかったそうだ。

当時の裁判記録を調べた地元のジャーナリストが、彼女と性的関係を持った家の主人が、彼女にぬれぎぬを着せて、発覚を避けようとしたことを突き止め、本を出版。
これをきっかけに、名誉回復運動が起きていたらしい。
200年以上の歳月をかけての、名誉回復。
それにしても昔は、貧乏人にはキビシイ時代だった。キビシサの質(?)も、現代とはまるで異なるもの……。(汗)

2008年9月 4日 (木)

なんにもない?

観光客や買物客がどっと集まって、ごった返ししている場所。
逆に、閑散としている場所。
この差はどこにあるのだろう??

夏休みの某温泉街。
近くを散策しようかと思いついた宿泊客と、若いホテルマンの会話――
「どっか近くに面白い場所はありませんか?」
「すみません、ここにはあまり面白い所がなくて……」
「え? でも、地元ならあなたたちがもっとアピールしなきゃあ……」
「あ、そうですね。ここのお饅頭、おいしいと評判です」

ほんのちょっとしたことでも、「おいしそう」「たのしそう」というワクワク感は、集客力に直結する!
もっとも、まず地元の人間が面白がらなくては、客も動かない。(汗)
要は、訪れる人に期待感をどう持たせるか、そんな努力にかかっているともいえる。

ちなみに、饅頭は確かにおいしかったとか。
最初からそう言えば、印象ももっと好かったろうにねえ……。

2008年9月 3日 (水)

モンスターチルドレン?

子どもが通う学校に、身勝手な要求や苦情を繰り返す、「モンスターペアレンツ」
大きな社会問題にもなっているが、更に最近はその子供版、「モンスターチルドレン」が全国で増殖しているらしい。

先月の某電子新聞、「『モンスター児童』出現」との見出しで、最近の子供の様子が書かれていたそうだ。
石川県、某「子ども交流センター」の話。
子供が用具を返す際、礼を言う児童はほとんどおらず、用具が壊れても職員に知らせないまま帰る。
皆で使うものだという意識が欠如してきた、という内容。
同センターの交流課長は、取材に対し打ち明ける――
「子供の行動を見ていても、親御さんは何も言わない。それに、自分の思い通りにならないと、とんでもない奇声を出す子供も増えてきた」

こうした「モンスターチルドレン」、石川県だけでなく、全国的に存在しているらしい。
その特徴は、概ね次のとおりとか。
・学校ではクラスのきまりを守らず、絶えずわがままな言動で、担任やクラスメイトに理不尽な要求をする。
・自分の言い分を絶対に押し、教師が生徒に対し強い態度に出られないことを見切り、見下す態度を取る。
・教師に対し、「触ったらセクハラで訴える!」と女子生徒。おいおい……。(凹)
・教師に叱られそうになると、「どうなるかわかっているのか!?」と恫喝。そして、「教育委員会に言うからな!」。(汗)

形を変えた暴力による、新たな学級崩壊の危機……。
子供が過保護に育ったことに加えて、自己中心で権利ばかりを主張する大人の社会を子供が真似ている、といえるのではないか……。
親の問題は大きい!! 「モンスターペアレンツ」の子供が「モンスターチルドレン」になっている可能性は高い。
昔は子供が教師の悪口を言った場合など、親は逆に子供を叱ったもの。
子供の言うことを鵜呑みにし、子供と一緒に教師を悪者にし、学校に怒鳴り込む。そんな愚かさを、世の馬鹿親どもよ、恥と知れ!!(怒)

2008年9月 2日 (火)

政権の意義?

福田首相、突然とはいえるが、昨夜ようやく(笑)辞任。
辞任表明の記者会見では、「野党の審議引き延ばしなどで重要法案が成立しなかった」と、衆参のねじれ国会を愚痴る惨めさ。
これまで数多くの強行採決を繰り返し、さんざん数にモノをいわせてきたのはテメエらダロ!!(怒)
それにしても参院選での惨敗後、わずかに1年余で2度の首相辞任。異常以外のなにものでもない!!
こんな途中放り出し無責任首相をなくすためにも、任期途中で退陣する首相には解散・総選挙を同時に行うことを義務付けろッ!!

ドタバタ劇の続く日本政権に比べ、キューバの現政権が最も革新的な改革、地元での「性転換手術」を可能にしたそうだ。
ちなみに手術は、準備が整い次第、年内から可能になる見通しらしい。
なんと、手術費用は「無料」とか。

キューバ・トランスセクシャル支援委員会によると、同組織に相談に訪れ、性同一性障害と診断された人は27人。
そのうち、現在19人が性転換手術を希望しているとか。
また、27人のうち大半が白人で、半数以上が首都ハバナに暮らす30代。
高校を出ている者は、わずか5人。

キューバ性教育センター所長によると、性同一性障害者の多くが、周囲の無理解のために早い段階で学業を諦める、んだとか。
同センターは今、家族法を改正して、同性愛カップルにも異性カップル同様の権利を保障し、事実上の同性婚を認めるよう働きかけているそうだ。

2008年9月 1日 (月)

51×35万元=?

北京五輪で中国が獲得した金メダルは、51個。
国別でも初のトップに輝き、金メダルを取った選手には、1人35万元(約560万円)が国から支給されるらしい。
現地ジャーナリストによると――
「日本の物価と比較すれば、約2,000万円相当。北京や上海の中心部ではワンルームマンションがせいぜいだが、地方なら軽く一軒家が建つ」そうだ。
その点、金メダルで報奨金300万円の日本では、物置がせいぜい……。(笑)

ところで、各国の報奨金はどうだったのか??

ダントツなのは、なんとシンガポール。
60年ローマ大会以来メダルがないことから、金メダルで約8,500万円と公表。
結局は今回も取れずじまい。
もしかして、それが分かっているからこその、政府の大盤振る舞いってことも……??(笑)

タイも、金メダルで1,000万バーツ(約3,200万円)と、財布のヒモはかなり緩かったとか。
結果、女子重量挙げとボクシングで金メダル2個、約6,400万円の出費。
ちなみに、タイの物価水準は日本の10分の1。ってことは、実質的には3億2,000万円相当。スゲッ。(汗)
もっとも、以前、金メダルを取ったボクサーが1,000万バーツを手にして、飲む、打つ、買うでスッテンテンになったことを教訓に(?)、タイ政府は近年は20年の分割払いで支給するようだ。

中東では、100万ドル(約1億1,000万円)ものスカウトマネーで、アフリカ人に国籍を取らせ、五輪に出場させる国が続出。
特別ボーナスもハンパじゃないらしいが、非公開とか。

米国は、日本円で約270万円。
ロシア、同約1,700万円。
イギリスはスポーツ精神に反すると、報奨金はゼロだそうだ。

気になるスーパースター2人、こちらは対照的らしい。
水泳8冠のフェルプスは、スポンサーからの報奨金も含め、30億円以上の稼ぎ。
陸上3冠のボルトは、ジャマイカの首相が「偉大な象徴」と栄誉を称えただけ。報奨金の話題は一切聞こえてこないそうだ。

報奨金って、元々のオリンピック憲章には反することだろうけど、でも、貰えるもんなら貰いたいもんだよねえ、誰も……。
名誉だけでは食っていけない、ってね。(笑)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »